現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ベントレーの新型「フライングスパー」に採用された新しいフライングBマスコットは電子制御照明付き!

ここから本文です
ニューモデル 2019.9.18

ベントレーの新型「フライングスパー」に採用された新しいフライングBマスコットは電子制御照明付き!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベントレーを象徴する「フライングB」マスコットは、古くから世界中で卓越した高級車の象徴と見なされてきた。

英国を代表する高級車ブランド、ベントレーが送り出す現代版4ドアグランドツアラーの新型フライングスパーは、再びボンネットに新デザインの「フライングB」マスコットを飾っている。

    最高速度306km/h、0-100km/hの加速は3.9秒!史上最高パワーを誇るベントレーのスポーツSUV「Bentayga Speed」

次の100年を見据えてデザインが見直された現代のマスコットは、電子制御でボンネットの下に格納、展開ができ、第三世代のフライングスパーの比類ないクオリティの高さを強調。

ラグジュアリーモビリティの未来を見据え、EXP100GTにはベントレーを象徴するマスコットが飾られている。スマートな照明付きの「フライングB」は車両に近づくと生命を宿し、グリルを横切るように照明が輝き、さらにマスコットを通ってボンネット中央の峰に沿って光を放ちながらキャビンへと導く。

直立するフライングBは、約90年前、1930年式の8リッターモデルに初めて採用された。当時、マスコットは標準装備ではなかったが、5ギニーでオプションとして装着することができた。

オリジナルのマスコットは、ちょうど100年前の1919年、ベントレー・モーターズが設立された際に、フラットなウイングBバッジを補完するものとして創業者W.O.ベントレー自身が委託したもの。

ベントレー創業100周年に際し、マスコットは次の世紀を見据えてスタイルが変更され、従来のデザインから進化を遂げた。

新型フライングスパーでは電子制御照明付きとなり、ドライバーが車に近づくと一連のウェルカム照明が作動し、キーレスエントリーシステムが連動。

刷新され、ドライバー重視となった新型フライングスパーは、スポーツセダンの俊敏性と、現代のリムジンにふさわしい洗練性を兼ね備えている。

英国で設計、製造、手作業で仕上げられた世界で最も進歩したグランドツアラーは、上品さと細部へのこだわりによって既成の概念を越える。

フライングスパーには、ベントレーが誇る6.0リッターツインターボチャージドW12エンジンの強化バージョンを搭載しており、この秋から注文できる。納車時期は2020年を予定。

関連情報:https://www.bentleymotors.jp/

構成/DIME編集部

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(@DIME )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します