現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 最古のポルシェ「タイプ64」落札ならず RMサザビーズ、オークションで大失態

ここから本文です
ニューモデル 2019.8.19
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入札、74億円までヒートアップも

text: Kazuhide Ueno(上野和秀)photo: RMサザビーズ/Jack Schroederポルシェ社では、1号車となるのは356-001と語られてきたが、ポルシェのエンジニアリング的に見れば、会社設立以前の戦前に送り出されたビートルの原型となるKdFとタイプ64は歴史的に見落せないモデルといえる。その「ポルシェ・タイプ64」が、北米で開催されたRMサザビーズ・モントレー・オークションに出品されたのである。(AUTOCAR JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zen*****|2019/08/19 23:57

    違反報告

     最後のオチが秀逸だな。まあ普通に考えたら7000万ドルじゃないと分かった時点で次点入札者が繰り上がるだろうし、3000万ドルが出てるのに1700万ドルで入札する奴もいるわけないから、サクラで吊り上げようとしたけど誰も吊られなかったんだろ。ビッターが立ち去ったのも呆れたんじゃなくてイカサマだと判断したんだよ、これ自体が偽物の可能性すら感じるな。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン