現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フォルクスワーゲンのSUV「T-Roc」にソフトトップ仕様を追加。オープンカー界に新風を呼ぶ!

ここから本文です
ニューモデル 2019.8.19

フォルクスワーゲンのSUV「T-Roc」にソフトトップ仕様を追加。オープンカー界に新風を呼ぶ!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Volkswagen T-Roc Cabriolet

フォルクスワーゲン T-Roc カブリオレ

    フォルクスワーゲンのSUV「T-Roc」にソフトトップ仕様を追加。オープンカー界に新風を呼ぶ!

ビートルやゴルフを彷彿させるソフトトップ

SUV界にカブリオレブームが起こるかもしれない。フォルクスワーゲンは、コンパクトSUVであるT-Rocにソフトトップを備えたカブリオレを追加すると発表した。

T-Rocは、7代目ゴルフ(マイナーチェンジ後のいわゆる“7.5”)がベースのSUV。日本にはまだ導入されていないが、プジョー2008やシトロエンC3エアクロス、ジープ・レネゲードなど個性派が群雄割拠する欧州マーケットでも盤石な足元を築いている。

そのT-Rocに加わるのが、かつてのビートルやゴルフに設定されていた“ソフトトップ仕様”。もちろん電動式であり、開閉にかかる時間はおよそ9秒、時速30km/hまでなら走行中でも操作が可能という。

安全性能も“オープンカー基準”に引き上げ

オープンボディ化にあたり、後席背面にはロールオーバー・プロテクションを搭載。想定値を上回る側面方向の加速度や横転の可能性を検知した場合、瞬時にシステムが稼働し乗員を衝撃から保護する。Aピラーなどボディ構造の各部も大幅に設計を見直すことで、最大限の安全確保を目指した。

カブリオレは前輪駆動のみの設定となるようで、エンジンは115psの1リッター、もしくは150psの1.5リッターという直4ガソリンターボ TSIユニットを搭載する。前者は6速MTが標準だが、オプションで7速DSGも用意する。

SUVの選択肢を拡げ、オープンカー界も活気づけるか

SUVのカブリオレといえば、近々ではランドローバーのイヴォーク・コンバーチブル、伝統的なものだと本格オフローダーのジープ・ラングラーやメルセデス・ベンツGクラスなどに設定されてきたが、メインストリームとは言いがたい存在だった。

T-Rocという販売ボリュームの大きなモデルへ追加されるとなれば、SUV界のみならず、最近元気のなかったオープンカー界にも新しい風を呼び込む可能性がある。

正式発表は2019年9月12~22日にドイツで開催されるフランクフルト・モーターショー。2020年春に欧州で販売開始される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GENROQ Web 三代やよい)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します