現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ウサイン・ボルトが後援 2人乗り小型EV登場 「ボルト・ナノ」と命名

ここから本文です
ニューモデル 2019.5.20

ウサイン・ボルトが後援 2人乗り小型EV登場 「ボルト・ナノ」と命名

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 2人乗りで価格は約110万円
ー マイクロ・モビリティの隙間を埋める

    日産GT-Rウサイン・ボルト・モデル

2人乗りで価格は約110万円

人類最速の男と言われたオリンピック陸上競技の金メダリスト、ウサイン・ボルトが後援するボルトという名前の会社が、2人乗りの電気自動車を発表した。ボルト・ナノと呼ばれるこのクルマは、都市部における短距離移動向けに開発された。

ボルトは最初、最大2マイル(約3.2km)の移動を目的としたマイクロ・スクーターを発売したが、今回は4輪自動車だ。ナノは2~15マイル(約24km)の移動に適しており、2020年後半から販売が始まる予定だという。

ドアの開口部に合わせてデザインされたシートレイアウトは、ちょうどルノー・トゥイジーのような1+1で、バッグなどを置くスペースも備わる。航続距離や最高速度など、機械部分の技術的詳細はまだ明らかにされていない。

フランス・パリで開催中のビバ・テクノロジー・カンファレンスで公開されたナノは、ボルトによれば交換可能なバッテリーを採用した世界で唯一の電動マイクロカーであるという。セアトが今年3月のジュネーブ・モーターショーで発表したミニモという4輪車も、交換可能なバッテリーを採用していたが、こちらは2021年まで市販化されることはない。

これに対し、ナノの方は現在ライド・シェアリング会社から注文を受け付け中だ。価格は9999ドル(約110万円)からで、予約金として999ドル(11万円)を前払いする必要がある。

マイクロ・モビリティの隙間を埋める

ナノはライド・シェアリング向けに作られており、いつでもどこでも乗ることができ、駐車することができる。電動スクーターを使ったライド・シェアリングのシステムでは、充電するためにスタッフがバンで収集しなければならないが、ナノはどこに駐めておいてもスタッフがバッテリーを交換するだけで済む。ユーザーが公共の充電ステーションにクルマを入れて充電することもできる。

ボルトによれば、ライド・シェアリング会社はボルト・モビリティと収益を等分して運用することもできるという。1分あたりの利用料はこれから決定される予定だ。ちなみにアプリを通して利用できる電動スクーターの場合、米国では1回1ドル(約110円)+1分あたり15セント(約17円)となっている。

ビバテックで行われたボルトの主要な発表は、スクーター・サービスをパリで展開するという計画だった。近い将来には欧州の他都市へ拡大することを目指すという。

ボルト社は2018年に米国フロリダ州で設立された。公式サイトには、その設立目的について「マイクロ・モビリティの隙間を埋める」と書かれている。

さらに「ボルトは都市部において広範な調査を行い、革新的な交通機関を準備してきました。われわれの提供するスクーターは、公共交通機関を乗り換える手間や交通渋滞による苦痛を緩和し、歩行者に影響も与えません」と付け加えている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します