現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【アバルト695Cリヴァーレ試乗】可愛さとヤンチャさ、洒脱さが渾然一体となったイタリアの高貴な“サソリ”

ここから本文です
ニューモデル 2019.5.4

【アバルト695Cリヴァーレ試乗】可愛さとヤンチャさ、洒脱さが渾然一体となったイタリアの高貴な“サソリ”

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィアットを象徴する存在として知られる「500」をベースに180ps・230-250Nmの1.4ℓ直4直噴ターボエンジンを搭載するなどホットに仕立てた「アバルト595コンペティツィオーネ」。それに超高級ボートメーカー「リーヴァ」とコラボレートし特別な内外装を与えた限定車「アバルト695リヴァーレ」のキャンバストップモデル「アバルト695Cリヴァーレ」に試乗した。PHOTO&REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu)

 5ナンバーサイズに余裕で収まるコンパクトさに丸みを帯びたレトロモダンなスタイルで女性にも人気のある「フィアット500」を、1.4ℓ直噴ターボエンジンに専用のエアロとスポーツシート、タイヤ&ホイールなどで武装した「アバルト595シリーズ」は、まさにアバルトのエンブレムに描かれたサソリのように、小さくても侮れない刺激とパフォーマンスの持ち主だ。昔風に言えば“ヤンチャなベイビーギャング”といったところだろうか。

    〈マツダCX-3〉絶妙なサイズ感がもたらす個性と躍動感【ひと目でわかる最新SUVの魅力】

 それが、リーヴァの56フィート・フライブリッジボート「リヴァーレ」をモチーフにしてブルー&グレー基調の内外装を備えた「695/695Cリヴァーレ」となると、その可愛さとヤンチャさを損なうことなく、イタリアンラグジュアリーならではの洒脱さが上乗せされているから、不思議というより他にない。しかも今回試乗したのはキャンバストップの「アバルト695Cリヴァーレ」だったので、なおのことその洒脱さが強調されていた。

 ただし、キャンバストップがもたらす開放感は、695Cに限ったことではないが率直に言って“サンルーフよりはマシ”程度のもの。しかもオープン時は後方視界と荷室スペースが少なからず犠牲になり、車重も40kg重くなる。購入するユーザーはまさに、機能性(=ハッチバック)を取るかオシャレさ(=キャンバストップ)を取るかという、ファッションセンスそのものを問われることになるだろう。

 走りのテイストもそんな内外装と同じく、軽快感とヤンチャさ、上質感が渾然一体となったもの。サスペンションは硬く、大きな凹凸のある路面では相応に跳ねるのだが、その分跳ねた後の減衰は早い。一方、KONI製FSDショックアブソーバーの恩恵か、細かな凹凸は綺麗にいなす。

 また、最高出力180ps、最大トルク230-250Nmを発生する1.4ℓ直4直噴ターボエンジンは、いわゆる“ドッカンターボ”を想像していたが、実際はアイドリング付近からトップエンドまでほぼフラットな加速特性。最大トルク250Nmを3000rpm(通常時は230Nm/2000rpm)で発する「SPORT」スイッチをONにしても、その印象が大きく変わることはなかった。

 なお、「アバルト695/695Cリヴァーレ」にはいずれも3ペダル5速MTの設定がなく、2ペダルのシングルクラッチ式5速ロボタイズドMTとなるのだが、そのシフトマナーは望外に滑らか。ただし、シフトアップの際にはアクセルペダルを一瞬抜いた方が、よりスムーズな変速になる。

 そして、アバルトと言えば、およそ文字では表現し難い独特のエキゾーストサウンドが特徴だが、専用のアクラポヴィッチ社製ハイパフォーマンスエキゾーストシステムは、キャンバストップを開けた状態で走行しても、車内には意外なほど紳士的なサウンドをドライバーにもたらしてくれる。クローズド状態では当然ながらより一層ジェントルになり、Aセグメントのコンパクトカー、しかもキャンバストップ車とは思えないほどの静けさに保たれるので、これならばロングツーリングも充分快適に過ごせそうだ。

【Specifications】
<アバルト695Cリヴァーレ(FF・5速RMT)>
全長×全幅×全高:3660×1625×1505mm ホイールベース:2300mm 車両重量:1160kg エンジン形式:直列4気筒DOHC直噴ターボ 排気量:1368cc ボア×ストローク:72.0×84.0mm 圧縮比:9.0 エンジン最高出力:132kW(180ps)/5500rpm エンジン最大トルク:230Nm(23.5kgm)/2000rpm(SPORTスイッチ使用時は250Nm(25.5kgm)/3000rpm) 価格:422万円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan 遠藤正賢)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します