現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マツダ ボンゴブローニイバンを発売 トヨタからOEM供給を受けるハイエースの兄弟車

ここから本文です
ニューモデル 2019.4.29

マツダ ボンゴブローニイバンを発売 トヨタからOEM供給を受けるハイエースの兄弟車

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダは4月23日、商用車「ボンゴブローニイバン」を発表、5月13日より全国のマツダ販売店にて発売する。

ボンゴブローニイバンは、「トヨタ ハイエースバン」の兄弟車。いわゆるバッジエンジニアリングで、トヨタ自動車からOEM供給を受け、マツダのエンブレムをつけ、マツダ車として販売する。ボンゴブローニイバンは1983年に初代が誕生し、当時はボンゴベースのロングホイールベース仕様という位置付けだった。その後、2010年まで販売された。

新型ボンゴブローニイバンは、両側スライドドアや3000mmの荷室長がもたらす積載性、および全車に標準装備する「プリクラッシュセーフティシステム」に代表される高い安全性を特徴とする。

ボンゴブローニイバンの追加により、マツダのワンボックス商用車のラインアップは「ボンゴバン」、軽の「スクラムバン」と合わせ、全3モデルに増える。このうちボンゴブローニイバンは、サイズ的、価格的に最上位モデルに位置付けられる。

販売モデルは、2リッターガソリン車および2.8リッターディーゼル車で、それぞれに2WD(FR)と4WDが設定される。価格は、最廉価のガソリン・FR仕様の「DX」で242万1360円、ディーゼル・4WD仕様の「GL」で359万4240円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します