現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ「電動化技術に関する特許実施権の無償提供」の真相

ここから本文です

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ham*****|2019/04/19 16:40

    違反報告

    電機メーカー出身の筆者ですが自動車技術と業界そして数字と極めて造詣の深い方である様子

    大概の電機メーカー出身のライターが「ガラパゴスがー」とかしか喚け無いとの一線を画してますね
  • sw4*****|2019/04/19 20:14

    違反報告

    稀に見る、正しい記事。
    後は、バッテリーと言う製品自体、まだまだ技術革新が起きている分野であり、現時点では生産量拡大よりも性能向上に注力しなければいけない段階というのも大きいと思う。
    今のリチウムイオンバッテリーでは、自動車のエネルギー源として無理があり過ぎる。その無理が、価格だったり、車両重量だったり、航続距離だったり、充放電性能だったり、製造・廃棄時の環境負荷だったりといった、様々な要素に波及している。

    個人的には、全個体電池が実用化出来るまで、無理にバッテリーEVを増やすべきでは無いと思う。
    EV1台分のバッテリーは、少なくともHV20台に相当する。
    EVを持たないがHVを多く持つトヨタが、EVを持つがHVを殆ど持たない自動車メーカより、企業平均の環境負荷で優っている訳だから、答えは出ている。
    現時点で、車載用バッテリーはHVを優先し、EVの生産には制限をかける方が無難。
  • ken*****|2019/04/19 09:39

    違反報告

    現に全部一周遅れてるすべての分野でそうだけど様子見て他のマネをしていくスタイルでは保守的で下がるのみの未来しかない
    例えばトヨタトップのLEXUSブランド
    走行中の衝突防止が50以下で作動しなかったり安全装備のブラインドスポットがオプションだったり同じ価格のベンツ車と比べると乗り心地も含めて雲泥の差 技術も全部猿真似 ベンツが出してダイジョブそうだな よし導入するかってしかも劣化バージョンせめて同じレベルか上回るもの出してくれよ後出しなら。
    単純に頭の弱い高齢者にリセールバリューの低いクルマを無駄に高いオプションを次々付けて売る様子は昔見たような今でもあるようななんか詐欺に近いものを感じる。
    レクサスはブランド代だけってはっきりわかんだね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します