現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ランチア ホモロゲーションモデル数台、オークション登場 うち3台を紹介

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.12

ランチア ホモロゲーションモデル数台、オークション登場 うち3台を紹介

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー デルタS4インテグラーレ
ー ラリー037ストラダーレ
ー ストラトスHFストラダーレ

    3台のランチア出品車 すべての画像をみる

デルタS4インテグラーレ

多くの夢見る少年少女の憧れの的であったランチアのラリーカー3台がエッセンで開かれるRMサザビーズのオークションに登場する。

一番の注目を集めると予想されるのは1985年のデルタS4ストラダーレ。200台限定で生産されたうちの1台で、落札予想価格は45万ポンド(6500万円)から50万ポンド(7228万円)となっている。

伝説的なグループBのホモロゲーションモデルたちは4月にエッセンで開かれる2日間のオークション、テクノ・クラシック・エッセンに登場する。そして今紹介したデルタS4ストラダーレも数台出品されるランチアのラリーカーの1台にしか過ぎない。

スペースフレーム構造を採用したフレームを持ち、当時としては最先端のビスカスカップリングを用いたセンターデフが組み合わさった四輪駆動システムを採用。心臓部には1.8ℓ直列4気筒ツインチャージャーエンジンを搭載している。

今回出品される個体は非常に程度が良いものだ。生産から35年経っているにも関わらず、走行距離はたったの2196km。イタリアで登録されて以来、フランスやドイツなどのオーナーの元に渡ってきたが、昨年の夏にイタリアにまた戻り、整備を受けた。

レッドの外装にタンのアルカンターラレザーで仕立てられた内装は非常に際立つ。元のコンディションを保つ書類やツールキット、本なども付属する。

ラリー037ストラダーレ

公道走行可能なラリー037ストラダーレもオークションに登場する。

今回出品される1982年型ランチア・ラリー037ストラダーレは先のデルタS4同様、非常に低走行で程度が良い。

グループBのレギュレーションは公道走行可能モデルを200台生産することが義務付けており、037も207台が工場から出荷されたとみられている。

シャシーナンバーZLA151AR000000022のこの個体は2005年まで最初のオーナーが保有しており、3代目となる現在のオーナーが2015年に購入した。

目を見張るような程度の良さを誇り、オドメーターには3500kmしか記録されていない。オークションでの落札予想価格は35万ポンド(5059万円)から40万ポンド(5782万円)となっている。

ストラトスHFストラダーレ

そして最後に紹介するのがこの1975年型ランチア・ストラトスHFストラダーレだ。

037の1つ前のモデルであったストラトスはWRCのマニュファクチャラー部門にて3冠を成し遂げたが、後継の037は2冠であった。ちなみにデルタS4はコンストラクターズタイトルを6勝上げた。

シャシーナンバー829AR0 001832のこの個体は、492台生産された中の1台だ。シチリアのビニャルディ家が新車時に購入し、そこでおよそ30年間過ごした。

3代目である現在のオーナーが売りに出しているが、レストアは施されておらず、元のコンディションを保ったままである。48万ポンド(6939万円)から52万ポンド(7517万円)の落札予想価格がつけられている。

そしてランチアの伝説的なラリーモデルの他にも、2台のフルビアがともに出品される。1台は1974年モデルで、2万ポンド(289万円)から3万ポンド(433万円)の落札予想価格がつけられている。

残りの1台は1970年型のフルビア・ラリー1.6 HFで、落札予想価格は6万ポンド(867万円)から7万ポンド(1011万円)となっている。

メッセ・エッセンで開かれるRMサザビーズのオークションは4月11~12日に開催される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rak*****|2019/03/12 12:41

    違反報告

    ここ数年の旧車の高騰を見ると、当然「億」の単位だと思っていたので、むしろ良心的な価格に感じる・・・って全くの他人事たから言えるんだけどね。

    まあこれだけの人気車両だから、今まで通りならきっと最高予想落札額を上回る価格になると思うが、もし最低落札額にも達さないようなら、いよいよ旧車バブル崩壊の始まりとなるかもと注目したい。

    是非、オークション結果を続報願いたいですね。
  • vin*****|2019/03/12 12:45

    違反報告

    泣く子もワクワクする三兄弟!
    S4ストラダーレはまさに羊の皮を被った狼ならぬサイボーグ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します