現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ヴァンキッシュ、ミドエンジンで復活? アストン、ビジョン・コンセプト発表 ジュネーブ

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.5

ヴァンキッシュ、ミドエンジンで復活? アストン、ビジョン・コンセプト発表 ジュネーブ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー ミドエンジン市場に参入
ー エンジンはV6ターボ
ー シャシーは接着アルミニウム構造

    『ヴァンキッシュ・ビジョン・コンセプト』すべての画像をみる

ミドエンジン市場に参入

アストン マーティンは、ジュネーブモーターショーで、ヴァンキッシュ・ビジョン・コンセプトを世界初公開した。

アストン初の量産ミドエンジン・スーパーカーのプレビューモデルとなる本コンセプトは、アストン マーティンによる最も意欲的なデザイン言語を身に纏って登場。

「ヴァンキッシュ」という名称は、伝統的にアストン マーティンの量産フラッグシップ・モデルに使われてきた。今回、このアイコン・モデルの名称が復活を遂げることになる。自動車業界で最も激しい競争が繰り広げられているミドエンジン・カテゴリニーに参入するのだ。

アストン マーティン・ラゴンダ社長兼グループ最高経営責任者(CEO)のアンディ・パーマーは、次のように述べている。

「ヴァンキッシュの名称を復活させることができて嬉しく思っています。ヴァンキッシュは、弊社の量産フラッグシップカーに使われてきた名称であり、今回発表する重要なコンセプトカーにふさわしい名前です。ヴァンキッシュ・ビジョン・コンセプトの発表は、アストン マーティンの歴史における記念すべき瞬間であり、弊社のセカンドセンチュリープランを実現するために欠かすことのできないステップでもあります。アストン マーティン初の量産ミドエンジン・スーパーカーは、わたし達のブランドに変革をもたらすことになるでしょう。アストン マーティンは、このモデルとともに、伝統的にラグジュアリー・スポーツカーの主要な市場となってきた新しいカテゴリーに参入します」

エンジンに関する情報も公開された。

エンジンはV6ターボ

プロジェクト003と同様に、ヴァンキッシュ・ビジョン・コンセプトは、アストン マーティンValkyrie(ヴァルキリー)から始まり、プロジェクト003に受け継がれた先駆的なコンセプトをさらに前進させ、軽量化、パッケージング、エアロダイナミクスをはじめとするあらゆるノウハウを、デザインおよびエンジニアリングの領域に適用している。

アストン マーティン・デザイン・ディレクターのマイルス・ナーンバーガーは、次のように述べている。

「極めて魅力的で印象的なエクステリアを特徴としています。たとえば、タイヤを透かして見ることができる開口部を備えた、独特のクラムシェル・フロントフェンダーがその一例です。このクルマは、過激なパフォーマンスを抑えて設計され、意図的に美しさを追求しています。自宅や公道では非常に良きパートナーとなりますが、一旦サーキットに出れば素晴らしいパフォーマンスを発揮します。そのため、そのスタイルは、それほど挑発的ではなく、ミドエンジン・スーパーカーの流儀に従っています。その一方で、アスリートを連想させるボディラインや現代的なデザインは受け継いでいます。これらは、アストン マーティン初の量産ミッドエンジン・スーパーカーの特徴や機能を表現する上で重要な要素となっています」

ヴァンキッシュ・ビジョン・コンセプトの量産バージョンには、アストン マーティンが新開発したV6ターボチャージャー・エンジンを搭載。このユニットは、プロジェクト003において、ハイブリッド・ターボ・エンジンとしてデビューするものだ。

シャシーは接着アルミニウム構造

また、アストン マーティン・ヴァルキリー/プロジェクト003のフル・カーボンファイバー構造を出発点として、ヴァンキッシュ・ビジョン・コンセプトには、テーラーメイドされた接着アルミニウム構造によるシャシーを採用。

このシャシーは、ミドエンジンのスペシャリストであり、アストン マーティン・チーフ・テクニカルオフィサーのマックス・スウェイの主導によって開発されたものである。

接着アルミニウム構造で世界の自動車業界をリードしているアストン マーティンは、コスト、生産速度、この技術の利点である重量に対する強度を完璧に把握することが可能だという。

他のすべてのアストン マーティン製品と同様に、ヴァンキッシュ・ビジョン・コンセプトは、経験豊かなマット・ベッカーとクリス・グッドウィンによってハンドリングが練り上げられ、生産に移行するあらゆる段階で、厳格な開発プロセスが適用される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • uni*****|2019/03/05 21:14

    違反報告

    とうとうアストンもV6いくんや・・しかも、ヴァンキッシュで。
  • adv*****|2019/03/06 01:26

    違反報告

    ヘッドライトとカラーリングこそ異なるがミニ四駆のマッドレイザーで再現できそう
  • nsx*****|2019/03/06 10:58

    違反報告

    ビジョン・コンセプトってことで今回のショーモデルで反応を見るのかね。

    それにしてもV8以下のミッドシップスーパーカーが増えているよね。
    フェラーリF8にV10ながらウラカン、ロータスだけだったのが、マクラーレンにNSX、更にコルベットまでMR化される。ポルシェの噂も消えないし…

    2000-3000万台のスポーツカー市場が激戦区になってる気がする。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します