現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新車で買えるラストチャンス! 最後のV12エンジン搭載モデル「メルセデスAMG S 65ファイナルエディション」を限定130台で発売【ジュネーブショー2019】

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.5

新車で買えるラストチャンス! 最後のV12エンジン搭載モデル「メルセデスAMG S 65ファイナルエディション」を限定130台で発売【ジュネーブショー2019】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに、この日が来てしまった。メルセデスAMG謹製V型12気筒エンジンを搭載するSクラスの生産にピリオドを打つことになり、メルセデス・ベンツはジュネーブショー2019で “ファイナルモデル”を発表することになった。

ボディとインテリアに彩りと高級感を与える“差し色”

    顔が変わった新型ルノー・トゥインゴ! 日本上陸はいつ?〈New Renault Twingo〉

 世界中のVIPに永らく愛されてきたメルセデス・ベンツSクラスのV12エンジン搭載モデルは、ジュネーブショー2019で発表される「メルセデスAMG S 65ファイナルエディション」をもって生産が終了する。

 世界的に叫ばれる環境問題への対応など、自動車メーカーは積極的にダウンサイジング化を進めている。高級車ブランドのメルセデス・ベンツにとってもこの時代の流れは例外ではなく、過去には何度も「V12生産中止」が噂されていた。それが、ついに現実となったのだ。
 
「ファイナルエディション」モデルに搭載されるのは、630ps/1000Nmの6.0ℓツインターボ・エンジン。エンジンのスペックに変更はないものの、内外装にスペシャルな仕様が施されている。

 エクステリアで目を引くのは、フロントのエアインテーク部とリヤのディフューザー、20インチホイールに採用された品格のある銅色だ。ダークカラーのボディに彩りと高級感を与える絶妙な“差し色”は、インテリアにも採用されて統一感を出している。エクスクルーシブブラックのナッパレザーには銅色のステッチが施され、各種パネル類は深みのあるハイグロスのブラックに精悍なカーボンファイバーを組み合わた特別仕様となっている。


 リヤシートは、ファーストクラス級のマッサージ機能や快適性を重視したリクライニング機能を持ち、「マジックスカイコントロール」と呼ばれるパノラマルーフをはじめ、温度調節式のカップホルダー、ビジネスコンソールを備える。



 センターコンソールに限定130台を示すシリアルナンバー入りエンブレムを装着するほか、AMGモデルに備わる“One Man-One Engine”プレートは通常のシルバーに対し、特別なブラックカラーとなる。また、ガレージ内のほこりから守る「AMG S 65 FINAL EDITION」の文字が刻まれたオーダーメイドのAMGインドアカーカバーも付属する。

 高級車コレクターを対象にした特別な装備を持つメルセデスAMG S 65ファイナルエディションは、世界中のV12エンジン愛好家から問い合わせが殺到するだろう。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します