現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW「X5」デビュー 第4世代となった新型3.0L直6ディーゼル搭載

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.28

BMW「X5」デビュー 第4世代となった新型3.0L直6ディーゼル搭載

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMWジャパンは強力な2019年2月27日、オフロード性能と舗装路での高いパフォーマンスを融合した「スポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)」の第4世代となる新型「X5(G05型)」を発売した。


ボディサイズをアップ

    ジープ 広大なモハベ砂漠をイメージした限定車「コンパス モハベ・サンド・エディション」発売

初代X5は1999年に、アメリカ、中国市場ではミッドサイズSUVとしてBMWらしい走りのこだわりと、ラグジュアリーなインテリアと高い実用性を兼ね備えたSUVとして登場した。

4代目となる新型X5(G05型)は、従来からのコンセプトを継承しながら、先代モデルからホイールベースが40mm、全長が25mm、全幅65mm、全高10mmそれぞれサイズアップされ、全長4935mm、全幅2005mm、全高1770mm、ホイール・ベース2975mm、車両重量2190kgとなり、一段とゆとりあるキャビンスペースを実現。

BMWらしい力強さのあるデザイン

デザインは低重心を強調する存在感あるフォルムで、フロントは一体型フレームで縁取られたデザインの大型キドニーグリルを装備し、アグレッシブな印象を演出。ボディサイドには、後部ドアから上方に伸び上がるようにプレスラインを刻むことでリヤホイールを強調し、後輪駆動のDNAと高い走行性能へのこだわりを表現している。

インテリアはBMWの最新仕様としている。ドライバーに必要な情報を適切なタイミングで伝えることをコンセプトにした新しいBMWの表示・操作システム「BMW Operating System 7.0」を導入し、自分用にカスタマイズすることができる。ディズプレイは、10.25インチのコントロール・ディスプレイと12.3インチのフルデジタル・メーターパネルを装備している。

コントロール・ディスプレイは様々な機能や設定にアクセスでき、ステアリングホイールのボタン、センターコンソール付近に配置されているiDriveコントローラー、タッチ操作に対応したディスプレイ、さらに音声コントロール、ジェスチャー・コントロールに対応でき、状況に応じてドライバーが最も操作しやすい方法で、必要な情報や車両設定にストレスなくアクセスできる。

12.3インチのフルデジタル・メーターパネルは、車速、回転数を表示する左右のメーターの中央に、ナビゲーション・マップなどを表示。さらに改良されたヘッドアップディスプレイ(M Sportに標準装備)の視認性が向上している。

CLARプラットフォームと搭載エンジン

このG05型X5のプラットフォームは、7シリーズ、5シリーズ、3シリーズなどに採用されているCLARプラットフォームで、先代モデルと比較しボディ骨格に高張力鋼板を拡大採用し、強度を高めながら約15.5kgの軽量化を実現している。

シャシーはスチール製のサスペンションを採用し、M Sportモデル専用のXモデルとして初めて4輪アダプティブ・エアサスペンションを備えている。4輪アダプティブ・エアサスペンションを装備することで、各ホイールに設置されたセンサーが常に路面状況および荷重を検知し、必要に応じて上下40mmの車高調整を自動で行なうことができる。また手動で高さを調整することも可能で、重量物を乗せる際や路面状況が悪い時など、ドライバーの好みや状況に応じて設定することが可能だ。

新型X5は、ヨーロッパ仕様では、ガソリンエンジンが3.0L・直6ターボ、4.4L・V8ツインターボ、3.0L・直6ターボ+ハイブリッドをラインアップし、ディーゼルは3.0L・直6の265ps仕様とM50d用の3.0L・直6の400ps仕様がある。

国内には3.0L・直列6気筒ディーゼル・エンジン(B57D30型)を搭載した「xDrive35d」が導入され、最高出力265ps/4000rpm、最大トルク620Nm/2000-2500rpmを発揮し、0-100km/h加速は6.5秒。燃費はWLTCモードで11.7km/Lだ。

最新の運転支援システムを導入

運転支援システムは最新版を採用。1秒で2兆5000億回の演算能力を持つ画像処理プロセッサーと高性能3眼カメラをを組み合わせ、より正確かつ迅速な危険予測が可能になっている。機能としてはアクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーンチェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム、レーンデパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーン・コントロールアシスト、サイドコリジョン・プロテクション、衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロストラフィック・ウォーニングが備えられる。

またパーキング・アシスタントには、リバース・アシスト機能が新採用され、車両が直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能だ。これにより日本に多数点在する細い道、誤って迷い込んだ際など、安全かつ正確に元のルートに復帰することができる。

コネクテッド技術では、常時接続できる車載通信モジュールを搭載し、ドライバー、クルマ、そして取り巻く情報をITネットワークで繋ぐことが可能。もしもの時の安全、充実した情報や最新のエンターテインメントを楽しめる総合テレマティクス・サービスとしている。

また、スマートフォン向けアプリの導入により、車両情報やニュースなどアクセスができる。2018年8月から採用された新しいスマートフォン向けアプリ「BMW Connected」も導入されており、ユーザーと情報をシームレスに繋げ、より快適でスマートなモビリティ・ライフが実現している。

【希望小売価格】

BMW X5シリーズ 関連記事
BMW 関連記事
BMW 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します