現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 話題のBMW 8シリーズに注目度バツグンのカブリオレが追加設定! 1グレードのみで1838万円

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.21

話題のBMW 8シリーズに注目度バツグンのカブリオレが追加設定! 1グレードのみで1838万円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルーフを閉じていても流麗なボディラインは健在!

 ビー・エム・ダブリューは、最上級ラグジュアリークーペの8シリーズをベースにしたオープンモデルとなる「8シリーズカブリオレ」を全国の正規ディーラーにて発売開始した。メーカー希望小売価格(税込み)は、1838万円。

    約20年ぶりに復活したBMW8シリーズクーペがフランス・パリサロンに登場

 この8シリーズカブリオレは、クーペモデルの美しさや卓越した運動性能を持ちながら、オープンモデルならではの開放感や優雅さを備えている。キドニーグリルやデッキを取り囲むモールディングは、クローム加飾とすることでエレガントさを演出。繊細なデザインの20インチマルチスポークホイールと相まって、カブリオレらしい洗練された高級感を醸し出している。

 ソフトトップは流麗なボディラインに合わせて流線型を描くような丸みを帯びたデザインを採用。ルーフを閉じた状態でも上質かつ優雅なスタイルを演出している。なお、ルーフは50km/h以下の走行時も約15秒で開閉が可能。ルーフを開けた状態でもトランク容量は280Lを確保しており、実用性も兼ね備えている。

 インテリアは、カブリオレ専用として12個のスピーカーにより上質なサウンドを奏でるBowers&Wilkinsダイヤモンド・サウンド・サラウンド・システムを採用する。

 シフトノブは透明度が非常に高いクリスタルで作られた、クラフテッド・クリスタル・フィニッシュ仕立て。中には「8」が浮かび上がるというオシャレな演出がニクい。ベンチレーション付きメリノ・レザーシートや、アンビエントライトなどがラグジュアリーモデルであることを乗るたびに感じさせてくれる。

 パワートレインは、8シリーズクーペと同様の新開発4.4リッターV8ツインパワーっターボエンジンを搭載。最高出力530馬力/5500-6000rpm、最大トルク750N・m/1800-4600rpmを発揮。0-100km/h加速は3.9秒と、ピュアスポーツカー並のハイパフォーマンスを実現する。

 足まわりも、クーペ同様アクティブ・サスペンション・システムに電子制御アクティブスタビライザーを装着したアダプティブMサスペンション・プロフェッショナルを採用。加えてMアクティブ・ディファレンシャルを装着し、コーナンリング時の安定性と俊敏性を向上させている。

 ボディは内部構造材にカーボン素材、ボディパネルにアルミ材などを採用することで、車両重量を2120kgに抑える軽量化を実現した。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP WEB CARTOP編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します