現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フォルクスワーゲン、イギリスGS最大手テスコとEV充電スタンド普及で協力

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.4

フォルクスワーゲン、イギリスGS最大手テスコとEV充電スタンド普及で協力

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この提携はEV普及へのカギとなるか

ディーゼルゲート問題発覚後、フォルクスワーゲンは急速に電気自動車のモデルを拡充していくことを発表した。2025年までに全世界で累計100万台を販売していくつもりだ。

    新VW電動車「I.D.」 バッテリー/航続距離は? 意匠、コンセプトから大きく変わらず

フォルクスワーゲンはI.D.シリーズを立ち上げ、ゴルフサイズのEVを2019年に、フォルクスワーゲン・バスがモチーフのI.D. Buzzと小型SUVのI.D. Crozzは2020年に販売を開始する予定。

そんな中、同社はイギリスの石油流通最大手のテスコと提携することを発表した。テスコが持つ販売ネットワークに電気自動車用充電スタンドを設置していくわけだ。

「業界最大手を目指す」

充電スタンドはイギリスのEV充電スタンドメーカー、ポッド・ポイントの製品を採用。無料で使える7kWチャージャーと、有料の50kWチャージャーの2種類が予定されている。

フォルクスワーゲンUKのマーケティング部門トップ、ゲラルディーネ・イングハムは「この提携はフォルクスワーゲンが進めるEV普及の計画が嘘偽りのないものだと証明します」と語る。

テスコ CEOのジェイソン・タリーは「わたしたちが消費者による持続可能エネルギーの選択をサポートすることにより、業界最大手を目指していきます」と自信に満ちた言葉で説明した。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します