現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スカイラインGT-R用ヘリテージパーツ R32に加え、R33/R34まで拡大 日産

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.29

スカイラインGT-R用ヘリテージパーツ R32に加え、R33/R34まで拡大 日産

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NISMOヘリテージパーツとは

日産とニッサン・モータースポーツ・インターナショナル、およびオーテックジャパンは、スカイラインGT-R用「NISMOヘリテージパーツ」をR32型に加え、R33型、R34型まで拡大すると発表した。本日11月29日より販売が始まる。

    『スカイラインGT-R用ヘリテージパーツ』すべての画像をみる

「NISMOヘリテージパーツ」は、日産自動車、ニスモ、オーテック(ニスモ・カーズ事業部)の3社が、サプライヤーと共同で製造廃止になった純正補修部品を再供給するもの。カスタマーが日産のパフォーマンスカーを少しでも長く乗り続けられるよう、可能な範囲でサポートする「NISMOヘリテージ」活動の一環として行っている。

2017年12月に本活動の第1弾として、R32型(1989年8月~1995年1月販売)スカイラインGT-R用「NISMOヘリテージパーツ」の発売を開始し、日産ファンから大きな反響とさらなる拡大の要望が届いたという。

今回は第2弾として、R33型(1995年1月~1999年1月販売)およびR34型(1999年1月~2002年8月販売)スカイラインGT-Rまで拡大し、まずは外装部品、ホース/チューブなどの部品から発売を開始する。

R32は、ウェザーストリップも

また、R32型スカイラインGT-R向けには、これまでの走行や車検に必要不可欠な重要部品に加えウェザーストリップやバンパーレインフォースなど、オーナーが長く安心して乗り続けための部品を追加している。

設定部品数は、第1弾、第2弾合わせて約160部品と倍増。これは国内自動車メーカーの活動としては最大規模となる。

日産は、今後もR32、R33、R34型スカイラインGT-Rの再供給アイテムのさらなる拡大を推進していくとしている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します