現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 米国スタートアップ「リビアン」 電動ピックアップを公開

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.28

米国スタートアップ「リビアン」 電動ピックアップを公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー EVシリーズ第1弾
ー 4基のモーターによる4WD
ー 2020年後半に発売

    『リビアンR1T』すべての画像をみる

EVシリーズ第1弾

アメリカのEVスタートアップ、リビアンはその初めてのモデルであるピックアップトラック「R1T」を発表した。リビアンは自動車業界に対しテスラのようなインパクトを与えることを目的としており、どこにでも行けるEVの開発を行なっている。

この5シーターのR1Tはロサンゼルス・モーターショーに先駆けて発表された。これに引き続き、7人乗りSUVのR1Sが発表される予定だ。

今後シリーズ化されるモデルの1番目および2番目のモデルであり、専用の「スケートボード」シャシーを使用している。これはモジュラー化され、今後さまざまな車両に使用されるという。R1Tの全長は5465mm。メルセデス・ベンツXクラスよりも若干長いのが特徴だ。

リビアンのバッテリーパックはフロア上にマウントされている。130kWhモデルでは480km、180kWhの「メガパック」では640kmの走行が可能。ベースモデルの105kWhモデルは発売から12カ月以内に導入される。

4基のモーターによる4WD

各輪に1基ずつ、合計4基搭載されるモーターによる4WDシステムを備える。それぞれが200psを発揮し、135kWhモデルのシステム総合出力は765psは114.2kg-mとなる。このパワーによる0-97km/h加速は3.0秒、0-161km/hは7.0秒とのことだ。

フロントにはダブルウィッシュボーン式、リアにはマルチリンク式のサスペンションが装着され、エアスプリングにアダプティブダンパーが組み合わされる。リビアンによれば、この電動ドライブトレインやシャシーにより、オンロードでのパフォーマンスやハンドリングとともに、オフロードでのコントロール性も両立しているという。

R1Tのフラットフロアはバッテリーパックを保護するためケブラーとカーボンファイバーで補強されている。この結果、米国での安全性試験において5つ星を獲得している。

特徴的な前後デザインを与えられ、インテリアの素材はプレミアムでありながらオフロードでの使用にも耐えるものが使われている。さらに専用ソフトウェアの表示用にふたつのスクリーンが取りつけられる。

そのほかにも、ノーズ下に隠された330ℓの荷室や、リアドアからリアホイールにかけてゴルフクラブを収納するための穴が設けられている。

2020年後半に発売

2009年に設立されたリビアンのRJスカリンジCEOは、この市販型R1Tにたどりつくまでにふたつのバージョンを開発したという。

同社は中東の投資家たちによって支えられ、世界で560人の従業員をか開けている。そのデザインおよび開発の中心はミシガン州プリマスに置かれ、バッテリー開発はカリフォルニア州アーバインを拠点とする。

車両の生産のため、リビアンはイリノイ州にある旧三菱工場を1600万ドル(18億円)で購入している。この工場は年間35万台の製造が可能だ。

リビアンの目標は比較的低く、2025/26年までに5万から6万台の電動オフローダーを販売するとしている。しかし、それと同時にそのスケートボード・シャシーを他社にも提供する方針を掲げている。リビアン独自のモデルと競合しない限り、どのメーカーでもその対象となるようだ。

R1Tは2020年後半に、R1Sは2021年前半にそれぞれ生産が開始される。R1Tの価格は6万1500ドル(700万円)からとなり、1000ドルのデポジットで予約受付を開始している。右ハンドル仕様は1年ほど遅れて生産が開始されるようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します