現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > VW、テスラ非公開株の購入に名乗り WSJが報道 マスクCEO明言避ける

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.29

VW、テスラ非公開株の購入に名乗り WSJが報道 マスクCEO明言避ける

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー VW、テスラ非公開株購入に名乗り
ー テスラ株を保有 他のメーカーも

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

VW、テスラ非公開株購入に名乗り

ウォールストリートジャーナル誌によると、テスラ非公開株の購入を検討した企業のひとつがフォルクスワーゲンだった。

買収ファンドのシルバーレイクと、サウジアラビアの政府系ファンドと並んで、ドイツの巨大メーカーがシリコンバレーの企業に投資するのではないかと言われていた。

協議を終えたテスラのCEO、イーロン・マスクは、テスラが上場企業であり続けることを金曜に発表した。

なぜマスクがテスラの株式非公開化計画を撤回したのかは不明だが、WSJ誌は、資金確保のために今後は会社の指揮権を手放すべき、という提案に二の足を踏んだからではないかと伝えている。

テスラ株を非公開化するにあたって約3.3兆円の投資が必要になると推定されていた。フォルクスワーゲンはこの大部分を担う予定があった。

テスラ株を保有 他のメーカーも

フォルクスワーゲンよりも前からテスラ株を保有する自動車メーカーというのは存在する。それはトヨタとダイムラーで、両社ともこのEVベンチャー企業のスタートアップ時に投資している。

一方、「1株当たり420ドル(4万6600円)でテスラ株式の非公開化を検討中、資金は確保した」とツイートしたことで、マスクは米国証券取引委員会の捜査を受けることになりそうだ。このツイートを裏付ける取締役会からの声明や、規制当局への報告書は出されていない。

テスラのような一流EVメーカーに投資するというフォルクスワーゲンの試みは、EV市場のシェアを獲得する手っ取り早い方法のように見える。特にフォルクスワーゲンの米国での事業展開と全体的な長期戦略の両方の観点から望ましかった。

フォルクスワーゲンのCEOを務めるマティアス・ミュラーによると、同社は2022年以降「実質的に毎月ひとつの新型EV」を発売する予定だ。ハッチバックのフォルクスワーゲンIDが同社初のEV専用モデルとなるはずで、市場投入は2020年になりそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します