現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダの新型軽商用車「N-VAN」の4WDシステムは専用セッティング

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.7

ホンダの新型軽商用車「N-VAN」の4WDシステムは専用セッティング

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダ「N-VAN」は、同社にとってアクティの後継となる軽商用1BOXモデル。助手席側をBピラーレスとした大開口による新しい使い勝手の提案は、N-VANのユニークポイントですが、このニューモデルは軽商用1BOXのスタンダードといえるリア駆動からフロント駆動へと大きく変身しているのが特徴です。大きくいえば、日本一売れているクルマ「N-BOX」のプラットフォームを利用した商用車なのです。

エンジンについてもN-BOXと基本を共有するロングストロークの3気筒エンジンですし、メインとなるトランスミッションは商用車には珍しいCVT(6速MTの設定もあり)となっています。それはさておき、荷物を積むことで後輪に荷重がかかることが考えられる商用車においてFFというのは不利な要素と感じるかもしれません。もっとも、登録車においてはFFの商用バンというのは珍しくはなく、いまどきのシャシー設計を考えれば、前輪駆動だからといって不利ではないという見方もあるでしょう。とはいえ、降雪地域では前輪駆動では乗り換えることが不安というヘビーユーザーもいることでしょう。

    ホンダN-VANはアイデア満載の意欲作。Nシリーズ次のターゲットは軽SUVか!?

もちろん、N-VANには4WDが用意されています。ビスカスカップリングを用いたシステムで、その基本はN-BOXと共通です。だからといって、同じユニットを使い回しているわけではありません。フル積載時に荷重が増す後輪のトラクション性能を確保するためにビスカスカップリング内蔵リアディファレンシャルは専用セッティングを受けています。具体的には、1.5リッタークラス(フィットなど)に使われるユニットをベースに専用品を開発、トルク容量はN-BOXに対して1.5倍としています。クラッチ板の枚数を増やすことでトルクの立ち上がりも鋭くしたことで、スリッピーな坂道での登坂性能においても商用バンに求められるレベルを満たしているといいます。あらためて整理すれば、N-BOXよりトルク容量を増やし、フィットより立ち上がりを鋭くした4WDシステムとなっているのです。

なお、CVTについてもN-VAN専用にリセッティングしたもの。N-BOXに比べると、わずかにレシオカバレッジ(変速比幅)を狭くしているのは、耐久性を考慮したもので、金属ベルトなど各部の強度もアップしているといいます。現時点ではリアルワールドでの耐久性について評価するのは難しいわけですが、けっしてN-BOXのパワートレインをそのまま利用した商用車ということではないのです。

(文:山本晋也)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します