現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 日本未導入の内外装色を採用したシボレー・カマロ/コルベットが光岡自動車創業50周年記念限定車として登場!

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.17

日本未導入の内外装色を採用したシボレー・カマロ/コルベットが光岡自動車創業50周年記念限定車として登場!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

光岡自動車とゼネラルモーターズ・ジャパンは6月6日、シボレー・カマロおよびコルベットに、光岡自動車創業50周年を記念した限定車「ミツオカ50thアニバーサリーエディション」を設定。光岡自動車が運営するシボレー正規販売店(シボレー仙台中央、シボレー葛西、シボレーさいたま南、シボレー桜山、シボレー博多)で、同月10日より販売開始した。

「シボレー・カマロLT RSミツオカ50thアニバーサリーエディション」は、2.0ℓ直4ターボエンジンを搭載する「LT RS」をベースに、いずれも日本のカタログモデルにはない、ナイトフォールグレーメタリック外装とミディアムアッシュグレイ内装、モザイクブラックメタリック外装とカラハリ内装の組み合わせを設定した。販売台数は各3台、価格は516万2400円。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

「シボレー・コルベット・グランスポーツクーペ・ミツオカ50thアニバーサリーエディション」は、6.2ℓV8 NAエンジンを搭載するタルガボディの「グランスポーツクーペ」をベースに、ブラックと、カタログモデルにはないブレードシルバーメタリックのボディカラーを設定。

 それぞれにセンターストライプ(ブラック/グレイ)、アロイホイール(パールニッケル/ブラック)、ハッシュマーク(オレンジ/イエロー)、コンペティションスポーツバケットシート、カスタムレザーステッチ(レッド/イエロー)、ハイグロスカーボントリムパネルを特別装備した。販売台数は各3台、価格は1296万円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan 遠藤正賢)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します