現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > MINI、来年発売予定の市販EVのグリルとホイールをチョイ見せ

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.17

MINI、来年発売予定の市販EVのグリルとホイールをチョイ見せ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMWグループは7月12日、MINIブランドから来年リリースを予定しているピュアEVの画像を公開した。

BMWは2017年7月、MINI初となるピュアEVを市販化する計画を打ち出し、9月のフランクフルトモーターショーでは、そのデザインの方向性を示すコンセプトカー「MINIエレクトリック コンセプト(写真3~5枚目)」を披露した。今回公開されたのはその市販モデルにあたるもの。部分的ではあるが、初めてそのデザインが明らかにされた。

    DCTを採用した新しいMINIに賛否両論。一押しグレードは?

公開されたイメージはフロントグリルとホイールの2点。新型EVはMINI伝統のヘキサゴングリルを採用する模様だ。ブラックとイエローのコントラストが鮮やかなこのグリルは、ニューモデルが伝統あるブランドの系譜に連なることを明確に示す一方、EVゆえに開口部は設けられていない。このことは電費や航続距離にも好影響を与えそうだ。

ホイールデザインは、コンセプトカーと同様に左右非対称のユニークな意匠を採用する。フロントグリルと同じくブラックとイエローが組み合わされており、モチーフとなる長方形のデザインはグリル上のアクセントバーと共通している。外周をグレーのトライアングルパターンが取り囲んでいるのも、これまでのホイールには見られない斬新なアイデアだ。ニューモデルの個性的な外観を想像させる。

なお予告画像の公開と時を同じくして、12日から15日に開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで、MINIエレクトリック・コンセプトが英国プレミアを飾っており、MINIブランド初のEVリリースへ向けた地固めは着々と進められている。

元祖MINIの誕生から60年の節目となる来年、伝統と未来の融合に向け、どのようなモデルが披露されるのか。今から楽しみだ。

BMW
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します