現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 商用バン界の革命児が正式発表 ホンダ新型N-VAN登場!!

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.12

商用バン界の革命児が正式発表 ホンダ新型N-VAN登場!!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホンダの注目軽バン、「N-VAN」がついに2018年7月12日に発表になった(発売は7月13日)。概要はすでにお伝えしているが、今回の正式発表で価格などの詳細が判明。ホンダセンシングが付いて126万7920円~ と、かなりリーズナブルだった。

 今回は事前の撮影会で入手した情報、実際にN-VANに触れてみてわかった内容などをお伝えしたい。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

文:ベストカーweb編集部/写真:平野学

■自動ブレーキ標準装備で価格は126万7920円~

 N-VANについてはすでにベストカーWebでも紹介しているとおり、衝突軽減ブレーキ等の安全技術パッケージ「ホンダセンシング」の標準装備、そして6MTがNAグレードのみではあるが選択できることなどはすでにご存じだろう。

 今回は事前に実車に触れてきて気付いたこと、そして開発責任者に皆さんが気になる「あの質問」をしてきました。まずはグレード、そして価格構成から見ていきたい。

■N-VAN

商用車然とした「G」。街中でも見かけることが増えるか!?

【G Honda SENSING】
FF(6MT/CVT)126万7920円
4WD(6MT/CVT)137万7000円

【L Honda SENSING】
FF(6MT/CVT)134万1360円
4WD(6MT/CVT)145万440円

■N-VAN + STYLE

すこしポップな+STYLE FUN。ライトも実は商用グレードとは違う

【FUN Honda SENSING】
FF(6MT/CVT)150万600円
4WD(6MT/CVT)169万1280円

【FUNターボ Honda SENSING】
FF(CVT)166万8600円
4WD(CVT)137万7000円

【COOL Honda SENSING】
FF(6MT/CVT)156万600円
4WD(6MT/CVT)169万1280円

【COOL ターボ Honda SENSING】
FF(CVT)166万8600円
4WD(CVT)179万9280円

■実際に触れてみてわかったあれこれ

 N-VANに実際に触れてみてわかったことは、多くの面でユーザー第一に作っているんだなということ。実用車でもあるN-VANは多くの職業で使用される。

 つまり毎日使う「相棒」なわけで、ちょっとでも気に入らないことがあってはならない存在。まず驚きはピラーレスとなったサイドドア。

ピラーがないことで荷物の積み下ろしがスムーズになる

 長いハシゴなどを収納するのにもピッタリなのがこの構造だ。もちろんピラーじたいはドアにビルトインされており車体の強度などは確保されている。

 内装業や塗装業の現場ではある程度長いハシゴも使われており、このような配慮は嬉しい部分かもしれない。またフルフラットになる内装も魅力的。

フルフラットな荷室部分。助手席も含めてフラットになるのは嬉しい

 荷物を積むのには非常に大切な部分で、デコボコがないことで荷物の積み下ろしをスムーズに行うことができる。こんなフラットならば車中泊くらいできそうだな……、と思っていたらホンダアクセスが展示していた車両が興味深い。

ホンダアクセスは車中泊仕様の1台を展示。フリードなどでも同様の製品展開をしているだけにこれは期待

 こんな車中泊の提案までされるとなんだかほしくなってきちゃいそうだ。セカンドカーとしての用途も充分に満たしてくれそうなN-VAN。決して単なる商用車ではない!!

■ターボ+6MTは登場するのか!?

 最後に開発責任者の古舘茂氏にいくつかの質問をしてみた。まずは「ターボグレードにMT車は追加されないのか?」という質問。

「やはりそう思われますよね。技術的に無理ということではありませんが、実際にそのようなグレードを作ってもなかなか売れないというのが実情かと思います。現段階では予定はありません」

 お客さんがほしがった割に実際はそこまで売れないってのは開発陣あるあるなんでしょうね。

開発責任者の古舘茂氏。カスタマーのことを最優先して作った1台とのことだ

 次は「ベースのN-BOXなどと強度試験などで違いはありますか? ヒンジとかも少し異なりそうですが」という質問。

「耐久テストの回数はちょっとご容赦願いたいのですが、商用車でもあるので強度についてはN-BOXよりも多い回数で検証しています」

 やはり本格的に煮詰めているようだ。N-BOXの評価が非常に高かっただけに、このN-VANも高評価になることが期待される。現場で実物を見た感想としては、このスクエアで使い勝手の高いボディは「すげえ売れそう」ということ。商用ユースだけでなく、(商用なので保険料が安くすむので)免許取り立ての若い人に向けたエントリーカーとしてもぜひ注目したい。初代ルノーカングーみたいに、こういう「素材感あふれるクルマ」を使いこなすのってカッコいいじゃないですか。

 そうなると気になるのがハンドリングや走行安定性、乗り心地となるが、今後、試乗する機会も得られそうなので、そういったポイントは続報に期待してほしい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb ベストカーWeb編集部シオカワ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します