現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > VWゴルフRのパワー引き下げ 310→300psに WLTP適合のため

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.5

VWゴルフRのパワー引き下げ 310→300psに WLTP適合のため

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー エグゾーストシステムを変更 300psに
ー ラインナップを縮小 5ドアDSGのみに

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

エグゾーストシステムを変更 300psに

フォルクスワーゲンはホットハッチであるゴルフRのパワーを、9月から始まるWLTPに適合させるため引き下げると発表した。姉妹車であるセアト・レオン・クプラも同様だ。

2.0ℓの4気筒ターボは今まで310psを発揮していたが、今後の仕様では300psとなる。

フォルクスワーゲンのスポークスマンはAUTOCARに対し、「新しい規制に対応するため、排気ガス処理と最高出力が変更されました。今後は、ゴルフRのエンジンは300psとなります」と述べた。

フォルクスワーゲンはこのパワーダウンについて技術的な詳細を明かしていないが、WLTPのより厳しい排出ガス規制に適合するため、エグゾーストシステムを変更したものとみられている。これにより、公道走行時の窒素酸化物の排出量が低減する。

ラインナップを縮小 5ドアDSGのみに

この変更はすでに受注済みの車両にも適応される。フォルクスワーゲンは今後納車待ちの顧客に対してこのことを通知するとのことだ。

また、欧州におけるゴルフRのラインナップは縮小され、今後は5ドアのDSGのみが提供される。これは顧客の需要の変化に合わせたもので、3ドア車やMT仕様は選択することができなくなった。

フォルクスワーゲンおよびセアトは、他のメーカーと同様に9月に始まるWLTPへの適合を急いでいる。BMW M3をはじめとしたいくつかのモデルは、この期限を前に生産を終了している。BMWのスポークスマンによれば、生産サイクル末期のモデルに変更を加えることは経済的合理性に欠けるというのが理由だ。

BMWは最近WLTP基準によるテストを行い、ラインナップ全体でCO2排出量の増加を燃費の低下が認められたと発表した。この新テスト方法がより厳しいことによるものであり、すべての内燃機関車が同様の傾向にあると予想される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します