現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス・ベンツGLC 2.2ℓディーゼルは2.0ℓへ Cクラスの装備採用か

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.4

メルセデス・ベンツGLC 2.2ℓディーゼルは2.0ℓへ Cクラスの装備採用か

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 2.2ℓディーゼルが2.0ℓに置き換え
ー インフォテインメントシステム刷新の可能性も

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

2.2ℓディーゼルが2.0ℓに置き換え

メルセデス・ベンツGLCは来年フェイスリフトを受け、Cクラスと同等のレベル2運転支援システムが装備されるとともに新設計のディーゼルエンジンが搭載される。

このアップデート版GLCはドイツでテスト風景が目撃された。サルーンと同様に15秒間まで車線を維持することができるレーンキーピングアシストなどが装備されている。

新しい電動アーキテクチャの「スター2.3」というプラットフォームが採用されている。エンジンのラインナップについては、現行GLCに搭載されるOM651と呼ばれる2.2ℓ4気筒ディーゼルが置き換えられ、代わりにOM654型が搭載されるだろう。これは200d、220d、300dに設定される。

OM651を搭載するモデルは昨年ソフトウエアのリコールを受けている。この理由としてメルセデスは「NOx排出量を確かなものとするため」としている。

インフォテインメントシステム刷新の可能性も

新しいOM654はメルセデス初のオールアルミニウムの4気筒ディーゼルだ。排気量は2.0ℓだが、以前の2.2ℓよりもパフォーマンスを向上させつつCO2排出量は低減しているという。

車内についていえば、GLCには新しいMBUXとよばれるインフォテインメントシステムが搭載されるかもしれない。これは今後電動SUVのEQ Cにも使われるものだ。MBUXはスマートフォンのようなタッチスクリーンと、高度な音声認識システムを備えている。

しかし、メルセデスはこの先進技術を次期型GLCのために温存する可能性も残されている。その場合現行のNTG5.5システムを搭載するだろう。これは現行のフェイスリフト版Cクラスと同じものだ。

テストカーからもわかるとおり、GLCのエクステリアにおける変更は限定的なものとなるだろう。バンパーとライトのみにカモフラージュが施されていることから、これらのパーツが新デザインとなる見込みだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します