現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 後期型メルセデス-AMG C63 運動性能とインテリアを改良

ここから本文です
ニューモデル 2018.3.29

後期型メルセデス-AMG C63 運動性能とインテリアを改良

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 後期型C63、ハンドリングを改善
ー 内装が刷新、スペックは維持
ー ライバル車との比較

    高速ワゴン頂上決戦 アウディRS4 vs メルセデス-AMG C63Sエステート編

後期型C63、ハンドリングを改善

メルセデス-AMGは今回C63の数値面の性能は変化させず、ダイナミクスとインテリアに大きな変更を加えたようだ。

ニューヨークにて展示中のサルーン、エステート、クーペ、カブリオレの4つのボディタイプを持つCクラスAMGは史上もっとも売れたAMGモデルである。今までのC63に加えてよりジェントルなC43が追加されたこともその一因だ。

ダイナミクス面を向上させるべく、今までの7速スピートシフトはよりシフトの速い9速に置き換えられた。これには6つのドライブモードが用意され、それぞれスリッパリー、コンフォート、スポーツ、スポーツ+、レース、インディビジュアルだ。

AMGダイナミクスと呼ばれる新たなモード切り替えも用意され、状況に応じて異なるハンドリング特性を見せてくれる。ベーシック、アドバンスト、プロ、そしてマスターのそれぞれのプログラムが用意される。

さらに、オプションでAMGトラック・ペースとよばれるプログラムを選択することもできる。これは、バーチャルのエンジニアのようにサーキット走行時のデータを記録してくれる。

このC63には標準で各輪のダンピングを制御する機能が付いている。前輪には4リンク、後輪にはマルチリンク式のサスペンションが装備されている。新設計パーツの採用によってキャンバー角が増えたことにより高速コーナーでのスタビリティが向上したそうだ。

内装が刷新、スペックは維持

内装面では、新世代のフラットボトム式のAMGステアリングに変更された。
タッチパッドとダイヤルで操作する最新式インフォテインメントシステムももちろん装備されている。3種類のAMG専用表示ができる12.3インチのスクリーンはオプションだ。


走りを楽しむために必要な加速度メーターやレースタイマー、エンジンデータなどの表示をすることもできる。
全てのボディタイプにおいて、前期型と同様にC63は476ps、C63Sは510psのエンジンが搭載されている。

もっとも速く軽量なC63 Sクーペでは、0-100km/hの加速は3.9秒、最高速度290km/hをマークする。

最安モデルのC63セダンで6万4000ポンド(960万円)と3500ポンド(53万円)値上がりしている。ただし、メルセデスによれば装備は見違えるほど充実しているとのことだ。C63 Sセダンは7万3000ポンド(1095万円)と5700ポンド(85万円)の値上がりだ。最も高価なC63Sカブリオレは7万9000ポンド(1185万円)となり、10月に納車が開始される予定だ。

ライバル車との比較

AMG C63S クーペ

価格:7万5000ポンド(1125万円)
エンジン:4.0ℓ V8 ツインターボ
最高出力:510ps
最大トルク:71.3kg-m
最高速度:290km/h
0-100km/h加速:3.9秒

BMW M4クラブスポーツ

価格:8万9130ポンド(1337万円)
エンジン:3.0ℓ ツインターボ
最高出力:460ps
最大トルク:61.1kg-m
最高速度:280km/h
0-100km/h加速:3.9秒

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します