現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【写真多数】 多彩なカラバリ!TOYOTA、新型軽乗用車ピクシス ジョイを発売!

ここから本文です
ニューモデル 2016.9.6

【写真多数】 多彩なカラバリ!TOYOTA、新型軽乗用車ピクシス ジョイを発売!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOYOTAは、新型軽乗用車ピクシス ジョイを、全国のトヨタカローラ店74社、ネッツ店105社および、軽自動車比率の高い地域で取扱希望のあったトヨタ店15社、トヨペット店16社を含む販売店210社を通じて、2016年8月31日に発売した。

ピクシス ジョイは、ユーザーの生活に喜び・楽しさを提供していきたい、という想いから命名されたニューモデル。軽自動車本来の魅力である低燃費・低価格に加え、スタイルやカラーなどデザインも追求している。

    日本市場での復権なるか!? 新型カローラ セダン&ツーリングの想像以上の進化っぷり

スタイルは、車両タイプはピクシス ジョイC(クロスオーバー)・ピクシス ジョイF(ファッション)・ピクシス ジョイS(スポーツ)の3種類があり、ピクシス ジョイC・ピクシス ジョイFは15色、ピクシス ジョイSは11色の外板色と、多彩なカラーバリエーションを設定しているのが特徴。

さらに最新のe:Sテクノロジーを採用し、30.0km/Lの低燃費を実現した全車「エコカー減税」の対象であり、さらに衝突回避支援システム「スマートアシストII」を設定したことで安全運転を支援する態勢も整っている点も特徴だ。

なお、新型車はトヨタ自動車とダイハツ工業との間で合意した軽自動車OEM供給車であり、生産工場はダイハツ九州の大分(中津)工場となっている。

主な特徴

<ピクシス ジョイC>
樹脂のガーニッシュ(フロント/リヤ)や大径タイヤ(165/60R15タイヤ)を採用するなど、クロスオーバーを感じさせるエクステリアを追求。最低地上高を180mm(ピクシス ジョイF・ピクシス ジョイS比+30mm)とし、雪道や山道での走破性を確保。

<ピクシス ジョイF>
バンパーモール(フロント/リヤ)やサイドロッカーモールなど随所にメッキ加飾を施すことで、洗練されたエクステリアを演出。シート表皮には滑らかな触り心地のスエード調フルファブリックを採用し、上質な乗り心地に寄与。

<ピクシス ジョイS>
バンパー(フロント/リヤ)など専用エアロパーツの採用に加え、内外装の随所に赤色のアクセントを施すことで、スポーティさを強調。スポーティサスペンション(2WD車)やMOMO製革巻ステアリングホイール(7速マニュアルモード/パドルシフト付)を採用するなど、よりスポーティな走りを追求している。


この記事を画像付きで読む(外部サイト)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(オートプルーブ )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ran*****|2016/09/06 13:10

    違反報告

    ま〜た、トヨタの提灯記事が始まった。86→エスティマ→プリウス→ピクシス。はいはい。

  • kas*****|2016/09/06 12:21

    違反報告

    ウェイクの次はキャストをOEMするのか
  • bee*****|2016/09/06 13:25

    違反報告

    どうせ記事にするなら、キャストとの相違点を中心に書いて欲しかったな。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します