現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ロールス、未来の究極の高級車を披露

ここから本文です
ニューモデル 2016.6.17

ロールス、未来の究極の高級車を披露

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

創業100周年を迎え、各自動車ブランドからそれぞれ未来のヴィジョンを示すコンセプトカーをアンベールしたBMWグループ。世界トップレベルの高級車ブランドであるロールス・ロイスからは、高級車の未来を示す「Rolls-Royce VISION NEXT 100」が披露された。

「Rolls-Royce VISION NEXT 100」が掲げる世界観は、“豪華な聖域(グランド サンクチュアリー)”というもの。顧客にとって“隠れ家”のような存在となり、さらにバーチャルなアシスタントが移動中に顧客のあらゆる要望を満たす、そんな究極の高級車が目指されている。

    ロールス・ロイスが手掛ける初のSUV・カリナンを発表会場でチェックした

エレガントなキャノピータイプの車体は、ロールス伝統のコーチドアとあいまって、乗り降りを容易に行えるように配慮されている。ドアの開閉とともに、キャノピールーフが上昇し、車内で立ち上がったまま降車が可能。これは乗員に無理な姿勢を強いることなく、エレガントな振る舞いができるように配慮したものだ。

また車体は、ロールス・ロイスのコーチビルダーとしてヘリテッジを受け継ぎ、オーナーひとりひとりの要望に沿ったユニークなカスタマイズが可能となる。

内装は、視覚的にも触感にも優れた最高品質のマテリアルが乗員をもてなす。バーチャルなアシスタント(“エレナ”と呼ばれる)が、顧客との対話を通じてアメニティ装備を提供する。

なお、ロールス・ロイスは通常はコンセプトカーを製作しない。今回の「Rolls-Royce VISION NEXT 100」は非常に稀な例となる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します