現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 第66回マカオグランプリ:ルターが2度の赤旗で荒れたモーターサイクルGPで優勝。ポールのヒックマンは2位

ここから本文です
スポーツ 2019.11.20

第66回マカオグランプリ:ルターが2度の赤旗で荒れたモーターサイクルGPで優勝。ポールのヒックマンは2位

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第66回マカオグランプリのモーターサイクルグランプリ決勝レースが11月16日、全長6.120kmのギア・サーキットで行われ、2度の赤旗中断という荒れたレースでホンダRC213V-Sを駆るマイケル・ルター(MGM by Bathams)が通算9度目の勝利を収めた。

 今年で53回目の開催となるマカオ・モーターサイクルグランプリ。予選は14、15日の2度行われ、ベストタイムでグリッド順が決定する。

    マン島TTのシニアクラスでカワサキが44年ぶりの優勝。ピーター・ヒックマンは3クラス制覇

 ポールポジションは、予選1回目に2分25秒100を叩き出したピーター・ヒックマン(MGM by Bathams)が獲得し、フロントロウは予選2回目に2分25秒382を記録したルター、2回目に2分26秒093をマークしたデイビッド・ジョンソン(Tak Chun Group by PBM Ducati)が並んだ。4番手のジョン・マクギネス(Tak Chun Group by PBM Ducati)は技術的なトラブルが発生したためフォーメーションラップでレースから離脱した。

 27台が出走した決勝レースは、晴れ、気温は24度のドライコンディションで開始した。12周のレースがスタートし、ポールスタートのヒックマンがホールショットを獲ると、ルターが2番手、5番手スタートのリー・ジョンストン(Ashcourt Racing)が3番手につける。

 リスボア・ベンドでデイビッド・ジョンソンが3番手を奪い返すと、メルコヘアピンでは立ち上がりでアンドレ・ピレス(Beauty Machines Racing Team)がハイサイド転倒を喫しリタイア。オープニングラップは、ヒックマン、ルター、デイビッド・ジョンソンの順でコントロールラインを通過した。

 2周目にはトップのヒックマンがルターに2秒ほどギャップを築いており、その1.5秒後ろにデイビッド・ジョンソンが続く。3周目に入る頃にはヒックマンが後続に4秒の差を開き独走態勢に。トップ3は順位に変動はなく、4番手からはジョンストン、ホースト・サイガー(Saiger Racing)、デイビー・トッド(MGM by Penz13)、ゲイリー・ジョンソン(Ashcourt Racing)、イアン・ハッチンソン(Team Milwaukee with SMT)と続く。

 ガードレールに囲まれた市街地で、コース幅も狭いため、オーバーテイクは少ないが、3周目にトッドがサイガーを交わし5番手に浮上。トップ4はまたも順位が変わらずヒックマンとルターの差は7秒に開いた。

 4周目、14番手を走行中だったロバート・ハドソン(JGH Racing)がS字区間であるソリチュード・エセスでスリップダウン。後ろを走っていたマレク・チェルヴェニー(Wepol Racing)はウォールから跳ね返ってきたマシンと激突寸前で、ブレーキをかけると転倒を喫した。

 コース上では、ハドソンが駆っていたS1000RRの燃料タンクからガソリンが大量に漏れだしたため、ヒックマンのみ5周目に入った段階で赤旗が掲示されレースが中断。ライダーはピットに戻り、レース再開を待った。

 レース中断から20分程度でピットレーンがオープンし、序盤にリタイアした2台と赤旗の原因となったクラッシュに巻き込まれた2台を除く23台がグリッドに向かった。

 再開後は、3周目終了時点での順位がグリッドに適応され、残り周回は8周。好スタートを決めたルターが1コーナーでヒックマンからトップを奪い、トッドがふたつポジションを上げ3番手に。その後ろはデイビッド・ジョンソン、ジョンストン、サイガー、デレク・シェイルズ(Burrows Engineering / RK Racing)、ハッチンソン、ゲイリー・ジョンソン、マイケル・スウィーニー(Martin Jones Racing)というトップ10だ。

 デイビッド・ジョンソンがリスボア・ベンドでトッドを抜き3番手に浮上し、1周目終了時点ではルター、ヒックマン、デイビッド・ジョンソンがトップ3。4番手にトッド、5番手にジョンストンが続き、ハッチンソンが6番手に上げ、7番手がサイガー、8番手がゲイリー・ジョンソンと順位が入れ替わった。

 2周目のリスボア・ベンドで、ヒックマンがすかさずトップを奪い返して後続を引き離しにかかり、ハッチンソンも5番手に浮上した後、ポリス・ベンドで6台のマシンが絡むクラッシュが発生。赤旗が掲示され2度目のレース中断となった。

 その後、レースコントロールはレースの再開をしないことを発表し、再開されたレースの1周目終了時点の順位が今レースの結果となった。クラッシュに巻き込まれた6人全員の意識はあり、うち3人が病院に運ばれたが命に別状はない。

 ルターがマカオで通算9度目の優勝を飾り、BMW S1000RRを駆りレースの大半をリードしていたヒックマンが2位、ドゥカティ パニガーレV4 Rsで戦ったデイビッド・ジョンソンが3位を獲得しトップ3が異なるメーカーのバイクとなった。

■第66回マカオグランプリ 第53回モーターサイクルグランプリ決勝順位結果
Pos.No.RiderTeamMotorcycleTime/Gap18マイケル・ルターMGM by BathamsホンダRC213V-S2’31.724288ピーター・ヒックマンMGM by BathamsBMW S1000RR0.298320デイビッド・ジョンソンTak Chun Group by PBM Ducatiドゥカティ パニガーレV4 Rs0.861474デイビー・トッドMGM by Penz13Penz BMW S1000RR1.553513リー・ジョンストンAshcourt RacingBMW S1000RR1.93769イアン・ハッチンソンTeam Milwaukee with SMTBMW S1000RR2.249740ホースト・サイガーSaiger RacingヤマハYZF-R12.46187ゲイリー・ジョンソンAshcourt RacingBMW HP4 Carbon3.682938エルネー・コスタモMGM by Penz13BMW S1000RR4.0831082デレク・シェイルズBurrows Engineering / RK RacingスズキGSX-R10004.3461165マイケル・スウィーニーMartin Jones RacingBMW S1000RR4.6781271フィリップ・クロウHandtrans - Lee Jackson- ACBMW S1000RR5.7121326ディディエ・グラムG&G MotorsportBMW S1000RR6.099142クレイグ・ニーブCallmac Scaffolding RacingBMW S1000RR7.22815182チャビエル・デニスOptimark by performanXホンダCBR1000RR9.0751654スティーブ・ヘネガンReactive Partsドゥカティ パニガーレV4 Rs9.17217111ブライアン・マコーマックON-1 RacingBMW S1000RR9.9921822ポール・ジョーダンDafabet Devitt RacingカワサキZX-10RR10.5131962サムエル・ウェスト PRLBMW S1000RR10.9002011ドミニク・ハーバートソンDafabet Devitt RacingカワサキZX-10RR11.5972117ダニエル・クルーガーMGM by Penz13BMW S1000RR11.827223デイビッド・モルガンDM71BMW S1000RR12.7812349ラウル・トラスTorras Racing TeamカワサキZX-10RR14.028

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します