現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > リカルド、一時は最後尾も6位まで挽回「接触の後も諦めずに全力を尽くした」:ルノー F1ブラジルGP

ここから本文です
スポーツ 2019.11.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1ブラジルGP決勝で、ルノーのダニエル・リカルドは6位だった。序盤にケビン・マグヌッセンと接触し、5秒のタイムペナルティを科され、ウイング交換も必要となり、最後尾まで落ちたが、そこからポジションを上げていった。

■ルノーF1チーム
ダニエル・リカルド 決勝=6位
 序盤にインシデントがあったので、「7位は無理だな」と思っていた。だからこの結果をすごく喜んでいる。

    【ポイントランキング】F1第20戦ブラジルGP終了時点

 ケビンとのインシデントについては、責任は僕にある。きわどかったが、仕掛けたら、彼がスピンした。こういうことをやってうまくいくこともあるが、ホイール同士が接触してしまうこともある。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン