現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】コーナリングのヤマハ復活? ドヴィツィオーゾも驚く“非力なバイク”で予選最速

ここから本文です
スポーツ 2019.11.9
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP第18戦マレーシアGPで、ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾとバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)は3位争いを展開。しかしトップスピードでドゥカティに劣るロッシは苦戦し、結局4位に留まるしかなかった。

 ヤマハは他メーカーに比べて最高速度の面で苦戦してきた。一方ドゥカティはエンジンパワーに常に秀でており、その傾向は今季も変わっていない。

    ■何も弄らない方が速い? ビニャーレス、新パーツを避けてパフォーマンス向上

 マレーシアGPでもその差は大きく、ドヴィツィオーゾは330.2km/hを記録したが、一方のロッシはスリップストリームを使うことも試みたにも関わらず、321km/hしか記録できていない。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kor*****|2019/11/10 06:07

    違反報告

    最長ストレートでの最高速は狙わずブレーキング倒し込み時の安定感と立ち上がりからゴールラインまでの加速を重視する、それがレースで勝てるバイクのセッティング。ヤマハはそれを実直にやってるだけ。ドカやホンダは営業面での注文から直線で抜かれる事に耐えられない、ヤマハだって直線スピードアップは可能だけどそれに固執すると戦えないバイクになってしまう。だから敢えてそうしてるだけ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン