現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP:サテライトのペトロナス・ヤマハSRT、2020年から2台ともAスペックのYZR-M1に

ここから本文です
スポーツ 2019.11.8

MotoGP:サテライトのペトロナス・ヤマハSRT、2020年から2台ともAスペックのYZR-M1に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ペトロナス・ヤマハSRTは、11月1日から開催されたMotoGP第18戦マレーシアGPでヤマハと新たな契約を交わしたことを発表。内容は、2020年シーズンにヤマハYZR-M1のAスペックを2台供給するというものだった。

 2019年に誕生したヤマハのサテライトチーム、ペトロナス・ヤマハSRT。タイトルスポンサーはマレーシアの国営石油会社、ペトロナスが務め、ライダーはイタリア人ライダーのフランコ・モルビデリとフランス人ライダーのファビオ・クアルタラロを起用している。ホームのマレーシアGPでは最終戦を待たずにインディペンデント部門のチームタイトルを決めた。

    2019年型ホンダRC213Vが“マルケススペシャル”の理由/ノブ青木の知って得するMotoGP

 デビューイヤーでペトロナス・ヤマハSRTに供給されたYZR-M1は、AスペックとBスペックの2台で、GPOne.comなどの海外メディアによればモルビデリ車がAスペック、クアルタラロ車がBスペックを走らせているという。

 マレーシアGPの初日、ペトロナス・ヤマハSRTはヤマハと新たな契約を交わし、2020年シーズンに2台のAスペックマシンを供給することに合意したと発表。これにより、2020年はモルビデリとクアルタラロの両方がAスペックのYZR-M1で戦うことになった。

 なお、スペックの違いについてヤマハに問い合わせたところ、「AスペックのマシンはBスペックのマシンよりもパフォーマンスが高いマシン」とのことだった。2020年シーズン、ペトロナス・ヤマハSRTのふたりの表彰台、または初優勝に期待がかかる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します