現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1代表、チームとホンダの進歩に賛辞「今の勢いを来季に繋げることが重要」

ここから本文です
スポーツ 2019.11.8

レッドブルF1代表、チームとホンダの進歩に賛辞「今の勢いを来季に繋げることが重要」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2020年シーズンにメルセデスやフェラーリを打倒するためには、今の勢いを維持したままシーズンを終え、来季に繋げる必要があると語った。

 今季からホンダのパワーユニットを搭載しているレッドブル。シーズンを通じて着実に進歩し、マックス・フェルスタッペンが2勝をマークしている。

    【動画】2019年F1第19戦アメリカGP決勝ハイライト

 シーズン後半は勝利こそできていないものの、アメリカGPではフェルスタッペンがルイス・ハミルトン(メルセデス)と互角以上の戦いを繰り広げるなど、”王者”メルセデスに匹敵するパフォーマンスを定期的に発揮している。

 ホーナーは、2020年のマシンを開発する上で今の勢いをオフシーズンの間も維持することが必要になると話した。

「今年は、新しいエンジンパートナーとの”移行の年”になると考えてきた」

「ホンダが今年成し遂げた進歩について、賛辞を送りたい。我々はシーズンを通じて素晴らしく進歩している」

「我々は何度かポールポジションを獲得した。実際にポールからスタートしたのは1度だがね。そして、いくつかのレースで優勝争いをした」

「モナコでも競争力がかなり高かったし、ハンガリーでもそうだった。我々はそういったレースで勝てた可能性もあった。そしてここ(アメリカGP)でも競争力があった」

「だから我々は正しい軌道に乗っている。この勢いを冬(オフシーズン)、そして来季の開幕に持ち込むことが重要なんだ」

 F1をより健全にし、レースをより面白いものにするため、2021年にレギュレーション変更が予定されている。しかし、2020年のレギュレーションは2019年とほぼ同じだ。ゆえに、6年連続でダブルタイトルを獲得しているメルセデスが強さを維持する可能性は高いだろう。

 一方でホーナーは、メルセデス勢と僅差のバトルを繰り広げていることから、チームが前進しているという兆候を感じているようだ。

「メルセデスは支配的な時期を過ごしている。6度目のタイトル獲得という驚異的な偉業を達成したルイス・ハミルトンを祝福したい」と、ホーナーは語った。

「彼らはベンチマークなんだ。だからこそ、競争力が接近しているように感じる。通常、レギュレーションの変更はそれをバラバラにしてしまうんだ。2021年に全てが変わる前に、我々が(メルセデスやフェラーリと)最も激しい三つ巴のバトルを展開するという、皮肉な展開になるかもしれない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します