現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 過酷な環境条件で争う新生電動SUV戦『エクストリームE』、“砂漠”ラウンドはサウジアラビアで

ここから本文です
スポーツ 2019.11.6
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ABBフォーミュラE選手権創設者でもあるアレハンドロ・アガグが2021年からの開催を目指す、電動オフロードマシンによるクロスカントリー競技『Extreme E(エクストリームE)』。その初年度シーズンの開催地となる3つ目の地域が発表され、地球上の過酷な自然環境のなかで“砂漠”を司るラウンドとしてサウジアラビアでの開催がアナウンスされた。

 北極圏や熱帯雨林を担当する地域として、すでにグリーンランドとブラジル・アマゾンでの開催が発表されているエクストリームEは、残るエリアとなる“砂漠”、“氷河”、“海洋”の全5戦のうち3番目となる、砂漠戦の開催地を中東エリアに定めた。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン