現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > JLOCがウラカンGT3でアジアン・ル・マン・シリーズ参戦。クート/元嶋/柴田のトリオに

ここから本文です
スポーツ 2019.11.6

JLOCがウラカンGT3でアジアン・ル・マン・シリーズ参戦。クート/元嶋/柴田のトリオに

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月4日、スーパーGT GT300クラスにシリーズ初年度から参戦しているJLOCは、2019-2020シーズンのアジアン・ル・マン・シリーズ(AsLMS)にランボルギーニ・ウラカンGT3エボで参戦すると発表した。アンドレ・クート/元嶋佑弥/柴田優作がトリオを組む。

 JGTC全日本GT選手権の初年度からシリーズに参戦し続けている強豪JLOCは、海外でもル・マン24時間をはじめドバイ24時間、セパン12時間などさまざまなレースに参戦した実績がある。そんなJLOCが、新たな海外挑戦としてAsLMSの2019-2020シーズンのGTクラスに参戦することになった。

    D'station Racingが2019-2020シーズンのアジアン・ル・マンに参戦。バンテージGT3を投入

 ル・マン24時間にも繋がるAsLMSは、LMP2、LMP3、GTというクラスで争われており、今季は11月22~24日に上海で開幕。1月にオーストラリアのベンド、2月にマレーシアのセパン、タイのブリーラムと、全4戦で争われる。各クラスのチャンピオンはル・マン24時間の参戦枠を得ることができるのが魅力だ。

 JLOCは2019-2020シーズンに向け、ランボルギーニ・ウラカンGT3 EVOを投入。ふだんスーパーGTにで87号車をドライブしていたアンドレ・クート、88号車をドライブしていた元嶋佑弥、そしてRUNUP RIVAUX GT-Rを走らせていた柴田優作ががトリオを組むことになった。

「私たちにとって新しい挑戦となるアジアン・ル・マンに向け、ベストパッケージのチームを準備しました。11月23~24日に開幕戦となる上海大会から全力で戦います!」とJLOCの則竹功雄代表は意気込む。

 2019-2020シーズンのアジアン・ル・マンに向けては、昨シーズンのGTクラスで全勝を飾ったCarGuy Racingのフェラーリをはじめ、D'station Racingがアストンマーティン・バンテージGT3を投入。加えてJLOCの参戦が決まり、日本チームのエントリーで盛り上がりをみせそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します