現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレンはまだ“中団最強チーム”ではない? 「レースペースが課題」とノリス

ここから本文です
スポーツ 2019.11.4

マクラーレンはまだ“中団最強チーム”ではない? 「レースペースが課題」とノリス

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンのランド・ノリスは、F1アメリカGPで7位入賞を果たした。予選8番手からスタートしたノリスは、スタートで先行を許したダニエル・リカルド(ルノー)には僅差で敗れてしまったが、2ストップ作戦が功を奏し、チームメイトのカルロス・サインツJr.を上回る順位でフィニッシュした。

「スタート後のターン2に進入するまで彼(リカルド)の事は見えていなかったから、(抜かれた事は)驚いたよ」とノリスはスタートを振り返ったが、決勝前の懸念通りレースペースは中団で最速ではなかったと語った。

    ■「不正をやめたからだ」フェルスタッペン、フェラーリ勢の失速にチクり口撃

「彼ら(ルノー)のレースペースは僕たちよりも良かった。昨日(予選で)示したように、僕たちのマシンにはスピードがあった。ただ、レースペースという点では風向きなどのトラックコンディションもあって、彼らの方が力強いだろうと予想していた」

「僕はそういった予測をしていたから、彼に交わされたこと自体はショックではなかった。その後は作戦を2ストップに変更して追い上げたけど、あとコーナひとつ、あと1秒足りなかった」

 ベスト・オブ・ザ・レストの座こそリカルドに奪われてしまったが、マクラーレンはノーポイントに終わったメキシコGPから一転してダブル入賞を果たした。コンストラクターズランキングでは2レースを残して5番手のルノーに38ポイント差をつけており、セーフティリードを築いていると言える。

 ただ、ノリスはマクラーレンが中団グループの中で圧倒的なポテンシャルを持っているとは感じておらず、次のように語った。

「他の中団も強いと思っている。僕たちが圧倒的に強いとは言えないんだ」

「ただ僕とカルロスは、お互い誠実に仕事をしていると思う。個人的にはそれが物事を良くしていると思うし、アドバンテージのひとつになっていると感じている」

「それから予選の1発タイムという面では僕たちは力強いと思う。新しいタイヤで走った時にはマシンから多くのパフォーマンスを引き出すことができているけど、レースになった場合は逆になってしまう」

「今回のレースで僕たちはルノーよりも遅く、他のチームより少し速かっただけに感じた。予選でのアドバンテージを考えるとかなりのタイムを失ったと思う。(ルノーに対して1周あたり)0.4秒、0.5秒くらいだろうか? それは面白くないよね」

「トロロッソも今週末はとても速いだろうと予想していた。Q3まで駒を進めたしね。彼らのレースペースは通常とても良いんだけど、今回はそれほどでもなかった」

「今シーズンはあと数レースを残しているけど、ここからのコースはまた違ったマシンに適しているだろう。ここからまた(メキシコGPのように)Q3に進出できなかったり、“中団の中団”に埋もれることがあるかもしれない」

「今のところは順調に来ているので、僕たちが7位と8位に入ることを期待したい」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します