現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1アメリカGPフリー走行3回目:レッドブルのフェルスタッペンが首位。驚速マクラーレン、ノリスがメルセデス上回る3番手

ここから本文です
スポーツ 2019.11.3

F1アメリカGPフリー走行3回目:レッドブルのフェルスタッペンが首位。驚速マクラーレン、ノリスがメルセデス上回る3番手

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1第19戦アメリカGPのフリー走行3回目が行われた。トップタイムを記録したのはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)で、タイムは1分33秒305だった。

 予選前最後のセッションとなるFP3。気温18℃、路面温度25℃というコンディションの下でスタートした。

    ■激しいバンプへの批判に反論するドライバーも……リカルド「このくらいの方が好き」

 セッション開始直後からケビン・マグヌッセン(ハース)、ランド・ノリス(マクラーレン)をはじめ11台のマシンがコースインしたが、タイム計測をする者はおらず、インスタレーションラップを行ったのみでピットへと戻っていった。

 まず最初にタイムを計測したのはロマン・グロージャン(ハース)。セッション開始15分というタイミングでソフトタイヤを履き、1分36秒579をマークした。

 そんな中、シャルル・ルクレール(フェラーリ)のマシンがストップ。彼はパワーユニットに何らかの問題があることを無線で伝えており、マシン後方からは白煙が上がっていた。これによりバーチャル・セーフティカーが発令された。

 バーチャル・セーフティカーが解除されると、多くのマシンがソフトタイヤでタイム計測に入った。バルテリ・ボッタス(メルセデス)が1分34秒558でトップに立つと、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がそれに続いた。ソフトタイヤで連続周回を行ったベッテルは、走る度にトップタイムを更新していき、1分34秒441までタイムを伸ばした。

 しばらく静観していたレッドブル勢だったが、セッション中盤からタイム計測を開始。フェルスタッペンは1分34秒458を記録して2番手につけた。彼はその後1分34秒186にタイムを更新し、ベッテルを上回りトップにつけた。

 セッションが残り20分を切った段階で、ボッタスがまず2セット目のソフトタイヤを投入し、1分33秒904でトップに浮上した。それに呼応するように、その他の上位陣も2セット目のソフトタイヤでアタックを行った。

 ベッテルは全セクターで全体ベストタイムを更新し、1分33秒523をマークしてトップの座を奪った。フェルスタッペンは1分33秒717で2番手となった。

 ここまでミディアムタイヤで速さを見せていたマクラーレン勢は、ソフトタイヤで驚きのパフォーマンスを見せた。特にノリスは1分33秒818を記録し、メルセデスの2台を上回る3番手に飛び込んできた。

 その後、フェルスタッペンが1分33秒305をマークしてトップに立つと、それを上回るドライバーが現れないままセッションが終了した。2番手に0.218秒差でベッテル、3番手にはノリスとなった。

 4番手以下はボッタス、ハミルトン、アレクサンダー・アルボン(レッドブル)。7番手にはカルロス・サインツJr.がつけており、マクラーレンの予選でのパフォーマンスは注目と言える。なお、トロロッソ・ホンダは好調のピエール・ガスリーが9番手、ダニール・クビアトが14番手となった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 戎井健一郎)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します