現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペン初日3番手「ハミルトンとの差は見た目より小さい。形勢逆転のチャンスはある」:レッドブル・ホンダF1

ここから本文です
スポーツ 2019.11.3

フェルスタッペン初日3番手「ハミルトンとの差は見た目より小さい。形勢逆転のチャンスはある」:レッドブル・ホンダF1

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1アメリカGPの金曜、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=1番手/2=3番手だった。

 FP1では26周のなかで1分34秒057、FP2では28周を走行し1分33秒547をそれぞれソフトタイヤで記録した。FP2のタイムは、メルセデスのルイス・ハミルトンによる最速タイムから0.315秒差、フェラーリのシャルル・ルクレールの2番手タイムから0.014秒差だった。

    「ホンダ2チームが好調なスタート。気温が上がる予選に備えPUセッティングを最適化する」と田辺TD:F1アメリカGP

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン フリー走行1=1番手/2=3番手
 全体的に見てポジティブな一日だった。ショートランでのマシンのペースはとてもいいと思う。ルイスは最速タイムを出した際にバックストレートでトウ(スリップストリーム)を得ていた。だからあれは真の力を示すタイムではないし、彼とのギャップは実際にはもっと小さいと思う。

 ただ僕らはロングランでは少し遅れをとっていた。その部分ではあまり満足していないので、今夜調べてみるよ。

 このコースの路面は一年ごとにバンピーになってきている気がする。幸いにもブレーキングエリアにはバンプがないけれど、来年に向けて対策を考える必要があると思う。ストリートサーキットにバンプがあるのは気にしないが、ここのバンプにはいくつかとても大きいものがあり、タイヤが路面を離れてジャンプするような形になってしまう。

 タイヤにとても厳しいコースだから、タイヤをうまく管理して走ることができれば、いい結果を出せるだろう。

(formula1.comに語り)もう少し(レースペースを)改善することができると思う。タイヤをうまくコントロールできれば、突然すべてがよくなるはずだ。週末をいい形でスタートすることができた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します