現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1の2021年シーズンからFP1で年2回のルーキードライバー起用が義務に。若手の走行機会確保へ

ここから本文です
スポーツ 2019.11.1

F1の2021年シーズンからFP1で年2回のルーキードライバー起用が義務に。若手の走行機会確保へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1の2021年シーズンにおける新規則が明らかとなったが、フリー走行の規則に関しても若干の変更があった。2021年からは、各チームが年間で最低2回はルーキードライバーをFP1で起用しなければいけなくなったのだ。

 現行の規則でも、レギュラードライバーに代わってテストドライバーやリザーブドライバーをフリー走行で走らせることができる。テストが限られている昨今、これは若手ドライバーにとって貴重な機会であり、現在F1で活躍しているランド・ノリス(マクラーレン)やジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)などは、デビュー前にFP1を走行して経験を積んだ。

    ■リスペクトがない! フェルスタッペン、ハミルトンとベッテルの揶揄に不快感

 しかしそれは同時に、レギュラードライバーがレース前の貴重な走行時間を失うことを意味する。そういった理由もあってか、今季FP1でレギュラー以外のドライバーを走らせたのはたった2チームだけだ。2020年のレギュラードライバーの候補であるニコラス・ラティフィを走らせたウイリアムズと、日本GPで山本尚貴を走らせたトロロッソだ。

 F1は2020年以降から、フリー走行で100kmを走破したドライバーにスーパーライセンスポイントを1点付与するなどして、フリー走行を若手にとって価値あるものにしようとしてきた。なお、このポイントはグランプリウィークエンドごとに付与されるもので、3シーズンで10点が上限とされている。

 そして2021年以降は、FP1でルーキードライバーを年2回走らせることが“義務”となる。なお、ここでいう“ルーキードライバー”とは、これまでのF1出走回数が3回未満であるドライバーのことを指す。

 この規則にもある種の“抜け穴”が存在する。2021年に新人をレギュラードライバーに起用したチームは、開幕2戦で上記の義務を自動的に消化できるのだ。2019年にこの規則が適用されていたと仮定すれば、トロロッソ、マクラーレン、ウイリアムズの3チームは、レギュラードライバー以外を走らせる必要がないことになる。

 また、フリー走行に出走するためには、スーパーライセンスまたは金曜限定のスーパーライセンスが必要だ。スーパーライセンス取得には40のライセンスポイントが必要だが、金曜限定ライセンスは25のライセンスポイントを保持しているか、FIA F2で6イベントに出走していれば取得することができる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します