現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPマレーシアFP1:ヤマハ、トップ3独占。クアルタラロ、レコード破りのトップタイム

ここから本文です
スポーツ 2019.11.1

MotoGPマレーシアFP1:ヤマハ、トップ3独占。クアルタラロ、レコード破りのトップタイム

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MotoGP第18戦マレーシアGPのフリー走行1回目が行われ、チームの母国戦でファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)がトップタイムを記録した。

 アジア・パンパシフィックラウンドの連戦もいよいよ大詰め。赤道直下のマレーシアは気温31℃、路面温度37℃と、前戦オーストラリアGPからは一転して高温のコンディションとなった。

    ■「トップ7が目標」ザルコ、代役2戦目で“トップライダー”の能力を証明できるか?

 なお前戦オーストラリアGPのFP4で転倒し、レースを欠場したミゲル・オリベイラ(テック3・KTM)はFP1から復帰。一方でティト・ラバト(アビンティア)は欠場となっている。

 セッション開始からコースには続々とライダーが入っていき、徐々にタイムを記録。ひとまずバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)が2分0秒570でトップタイムとした。

 同じ頃マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が、またしても転倒スレスレの状態をリカバリー。ターン2でフロントを切れ込ませてバランスを崩すも、膝を路面に押し付けつつマシンを立て直した。

 10分が経過するとマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)が2分0秒373でトップタイムを更新した。

 15分が経過するころ、マルケスがコース脇にマシンを出し、スクーターの助けを借りて戻るシーンが見られた。走行中、ターン6でエンジンの回転が上がらず、停止させたようだ。

 セッションも中盤に入ると、コース上ではビニャーレスが徐々にタイムを縮めて、1分59秒955を記録。この時点では唯一の1分59秒台だった。

 マシントラブルで一時はピットに戻っていたマルケスも、残り時間半分となる頃に再度コースインした。

 マレーシアGPが母国戦となるペトロナス・ヤマハSRTは、フランコ・モルビデリが好調。ビニャーレス、マルケスに次ぐ3番手タイムでセッションを折り返した。

 残り20分を切ると、アレックス・リンス(スズキ)が2分0秒286までタイムを改善し、2番手に割って入った。

 そこから大きなタイム更新はされないまま、セッションは残り10分を切った。ピットに戻っていたライダーも徐々にコースに戻り、アタック合戦が始まった。

 残り3分、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)が1分59秒893をマークして一気にタイムシートのトップに躍り出た。そこからはタイム更新が続いた。

 ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)が1分59秒193と大幅にタイムを更新してロッシを蹴落とすと、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)が1分59秒854で2番手に続いた。

 しかしそのクアルタラロを、チームメイトのモルビデリが超えた。残り1分を切って1分59秒110をマーク。トップタイムだ。

 だがクアルタラロも黙っておらず、セッション終了と同時に1分59秒027とモルビデリを超えるタイムを記録してきた。これは2015年にダニ・ペドロサが記録したレコードタイム(1分59秒053)をも上回るモノだ。

 ビニャーレス、マルケス、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)もタイムを縮めたが、クアルタラロには届かないまま、ラストアタックを終えた。

 最終的にFP1トップタイムはクアルタラロ。2番手にモルビデリ、3番手にビニャーレスとヤマハ勢がトップ3を占めた。なおロッシは最終的に8番手タイムだった。

 前戦オーストラリアGPでは好調な走りを見せたアプリリア勢だが、マレーシアでも好調を維持。アレイシ・エスパルガロがFP1で7番手に食い込んでみせた。

 また中上貴晶の代役としてLCRホンダから出場しているヨハン・ザルコは、最終的に16番手となった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します