現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス最小の『A』に、“速さ”と“気持ち良さ”を追求する好対照のAMGモデルが登場

ここから本文です
スポーツ 2019.11.2

メルセデス最小の『A』に、“速さ”と“気持ち良さ”を追求する好対照のAMGモデルが登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデス・ベンツの最小コンパクトである『Aクラス』に最大過給圧2.1バール、421馬力を発生する世界最強の量産2リッター4気筒直噴ターボを搭載したホットハッチ『メルセデスAMG A45S 4MATIC+』が登場。そして同セダンボディを持つ『Aクラスセダン』には「感性を刺激するメルセデスAMGの新しいモデルシリーズ」と謳われる『メルセデスAMG A35 4MATICセダン』が設定され、ともに10月23日より受注が開始されている。

 メルセデスAMG社のブランドスローガン“ドライビングパフォーマンス”を体現した究極のホットハッチとして誕生した『メルセデスAMG A45S 4MATIC+』には、完全新設計の2リッター直列4気筒ターボのM139を搭載。

    メルセデス唯一のスライドドア、新型『Vクラス』登場。ガソリン仕様も再設定

 量産2リッター4気筒エンジンとしては世界最高の421PS、最大トルク500Nmを発生し、ピークトルクは5000~5250回転で、レブリミットは7200回転に設定するなど、直噴ターボとしては異例の自然吸気に近い特性を備えることで、エモーショナルな加速感を味わうことができるという。

 このピュアスポーツカー並みのエンジン性能を実現すべく、従来型と異なりターボチャージャーとエグゾーストマニホールドをエンジン後方に、インテークマニホールドなどの吸気系をエンジン前方に配置。これにより、エンジン搭載位置を下げ低重心化を図るとともに、空力的にも有利な構成となった。

 シリンダーブロックはクローズドデッキ構造を採用し、最大160barの燃焼圧に対応。ライナーにはピストンとシリンダーの間に発生する摩擦を低減する目的で、F1由来の特許技術であるNANOSLIDEのコーティングを施し、コンプレッサーとタービンのシャフトには、AMG GT4ドアクーペの63Sにも採用されているローラーベアリングを採用した。

 このタービンの冷却にはオイルと冷却水だけではなく外気も利用するため、エンジンカバーをエアディフレクターとして働くよう設計するとともに、ボンネット下にはダクトを設定。メルセデスAMG本社があるドイツ・アファルターバッハで“One man-one engine”という哲学のもと、厳格な品質基準に従ってひとりのマイスターが1基のエンジンを最初から最後まで責任を持って手作業で組み上げるという生産方式を採用している。

 その圧倒的パワーを支える駆動系とシャシーも強化され、トルク配分比が前後100:0から50:50までの範囲で変化するAMG 4MATIC+を採用。リヤデフ内臓のAMG TORQUE CONTROLにより、前後だけでなく左右間のトルク配分を行うベクタリング機構も備える。

 そしてボディにはフロントセクションのねじれ剛性を強化するためアルミニウムのプレートをエンジンルーム下部に設け、ストラットタワーバーなどで追加の補強を実施。アンダーボディの前部と後部には斜めのストラットが増設され、剛性を高めることでスペンションシステム全体のレスポンスが正確になるとともに、コーナリング時やブレーキング時、荷重変化時のボディのねじれが低減されている。

 機能面では、サーキット走行時に80件以上の車両データ(車速、加速度など)を常時記録することが可能なAMGトラックペースも搭載。GPSデータに加え各種車載センサー(加速度、ジャイロスコープ、舵角、車輪速)を使用し、各種データはワイドスクリーンディスプレイ、コックピットディスプレイ、ヘッドアップディスプレイに表示することができ、走行後のドライビング改善にも活用することが可能となっている。

 このメルセデスAMG A45S 4MATIC+誕生を記念して、おなじみとなった特別仕様車の“Edition 1”も設定。ハイパフォーマンスなイメージをさらに強調すべく大型のフロントスプリッターやフロントバンパーサイドに追加されたフリック、 大型のハイグロスブラック仕上げのリアウイングなどエクステリアパーツを追加するとともに、インテリアにはイエローのアクセントが入る特別な仕立てとなっている。

 一方、公道でクルマの挙動と対話しながら気持ち良くドライビングすることに焦点を当てた、新しいモデルシリーズ『メルセデスAMG A35 4MATICセダン』は、シャシーやサスペンション、駆動系などをA45Sに準じた仕様としながら、そのエンジンに最高出力306PS、最大出力400Nmを発生する2リッター直列4気筒ターボのM260をチョイス。

 従来のメルセデスAMG 45シリーズより戦略的な価格設定としており、メルセデスAMGのドライビングパフォーマンスの世界を、より身近に楽しめるモデルとなっている。

 11月以降のデリバリーが予定される『メルセデスAMG A45S 4MATIC+』の価格は790万円となり、同“Edition 1”は919万円に。少し遅れて12月以降の納車が予定される『メルセデスAMG A35 4MATICセダン』は638万円で、全車右ハンドル仕様となっている。
メルセデスコール:0120-190-610
メルセデス・ベンツ日本ウェブサイト:http://www.mercedes-benz.co.jp

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します