現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 僕への罰則は受け入れるけど……レッドブル・ホンダのフェルスタッペン、ハミルトンの”ノーペナルティ”に困惑

ここから本文です
スポーツ 2019.10.28

僕への罰則は受け入れるけど……レッドブル・ホンダのフェルスタッペン、ハミルトンの”ノーペナルティ”に困惑

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、メキシコGPの予選で最速タイムを記録した。しかしQ3最後のアタックで、メルセデスのバルテリ・ボッタスがクラッシュしたことにより出されたイエローフラッグを無視したとして、3グリッド降格ペナルティ……ポールポジションを剥奪されることになった。

 ボッタスのクラッシュによるイエロー区間は、フェルスタッペンの他にセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)が通過した。そのうちベッテルは減速。しかしハミルトンは、タイム更新こそならなかったものの、減速することはなかった。そしてハミルトンにペナルティが科されることはなかった。

    【動画】2019年F1第18戦メキシコGPハイライト

 フェルスタッペンはメキシコGPの決勝レース後に取材に応じ、自身にペナルティが科されたことは受け入れつつも、ハミルトンに同様のペナルティが出なかったのはなぜなのか、疑問に思っていると語った。

「ルールは非常に明確だ。僕として言いたいのは、それについて多くのコメントがあったということだけだ。振り返って考えてみれば、確かに僕も減速すべきだった。しかし誰もが同じようにする必要があると思う」

「セブはそれをやったことを知っている。でも1台の銀色のクルマ(メルセデスのハミルトン)はそうしなかった。そして彼はペナルティを受けなかった。それは僕を悩ませた。でもそれはそれだ。他のドライバーについて、ルールに適していたかどうかを判断することは、僕にはできない」

 ハミルトンは予選Q3でボッタスのすぐ後ろを走っていたが、ボッタスがクラッシュした後、当該区間にたどり着いた際には、まだイエローフラッグは振られていなかったという。

「バルテリは僕のすぐ前にいたから、クラッシュを直接見たんだ。でも、その時にはまだフラッグは振られていなかった」

 ハミルトンは予選後にそう語っている。

「目の前で明らかに何かが起きていたから、僕はとてもためらった。パワーをかけるのを躊躇したんだ。クラッシュが発生したことに気が付いた時には、すでにその場所を過ぎていたんだ」

 ペナルティを受けたにも関わらず、フェルスタッペンはまだ、4番グリッドから優勝を狙えると信じていた。しかしレース序盤にメルセデスのふたりと争った際に負ったダメージにより、最後尾まで下がることになってしまった。これにより、事実上勝利のチャンスは潰えてしまった。

「スタート自体は良かった。そしてその後、彼(ハミルトン)は外側から戻ってきた。彼はターン2でブレーキングをすごく遅らせたんだ。僕はコースオフしなければいけなかった。でもそれは問題ない。そういうことは起こりうるんだ」

「その後、バルテリのインを突いて抜こうとした。彼は僕を見ていなかったんだと思う。彼は既にターンインしており、僕の右リヤタイヤを切り裂いたんだ」

「パンクした状態で、1周しなければならなかった。そしてそこから、1ストップで走り切らねばならなかった。その1ストップは、もちろんあまり良いモノではなかったけど、6位に戻ることができる唯一の選択肢だった。ペースは良かったし、マシンも良かった。もっと高い順位でフィニッシュできなかったのは非常に残念だ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Valentin Khorounzhiy, Edd Straw)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します