現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペン、接触が影響し6位「ひどい一日だったが、マシン自体は速かった」:レッドブル・ホンダ F1メキシコGP

ここから本文です
スポーツ 2019.10.28

フェルスタッペン、接触が影響し6位「ひどい一日だったが、マシン自体は速かった」:レッドブル・ホンダ F1メキシコGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1メキシコGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは6位を獲得した。

 フェルスタッペンは、予選でトップタイムを出したものの、黄旗無視により3グリッド降格のペナルティを受け、4番グリッドからのスタートに。1周目、ルイス・ハミルトンと接触してポジションを8番手に落とした後、バルテリ・ボッタスを抜いたが、その際に右リヤタイヤがボッタスのフロントウイングのエンドプレートに当たってタイヤがパンク。5周目にピットストップを行い、最後尾に落ちた。

    ホンダ勢3台が入賞「予選の速さを結果につなげられず残念だが、貴重なポイントを獲得できた」と田辺TD:F1メキシコGP

 フェルスタッペンはミディアムタイヤからハードタイヤへの1回ストップで走り切り、チームメイトのアレクサンダー・アルボンの後ろ6位までポジションを上げてフィニッシュした。

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 決勝=6位
 マシンの力を考えれば、6位は望んでいた結果とはいえないが、状況を考えると、とてもいいレースをしたと思う。

 スタートはうまく決まった。前のルイスがフェラーリにコース端ぎりぎりまで押し出されるようになって勢いを失った。ターン1アウト側から戻ってきた彼は、ターン2に入る際に、ポジションを守るためにコーナー深くまで入った。僕は彼を避けるために芝生の上を走らなければならなかった。

 それでもレースを続けることができたが、バルテリを抜いた時、彼が僕のリヤタイヤに接触し、タイヤがパンクした。そこから丸々1周を走ってピットに戻る羽目になった。

 その後、1回ストップの戦略で走らなければならなかった。ハードタイヤで66周走ったから、すごく遅いペースで走行することになった。

 マシンは好調で速さがあっただけに、この結果は残念だ。でも状況を考えると、6位まで挽回できたのはそれほど悪い結果ではない。

(自身の公式サイトで語り)1周目、普通にターンインしていたら、ルイスに接触していたと思う。だから芝生の上に出なければならなかった。他に行き場がなかったんだ。

 本当は2回ストップで走りたかったのに、1回ストップでいくしかなくなった。でもタイヤのデグラデーションは予想していたほど悪くはなかった。だから上位勢は1回ストップで走ったわけだけど、僕の場合は(セカンドスティントが)長すぎた。

 単純に言って、ひどい一日だった。でもこれだけのことが起きながら、挽回して6位というのは悪いリザルトではない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します