現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1第18戦メキシコGP FP1:濡れ乾きのコンディションのなかハミルトンがトップタイム。レッドブル・ホンダは3、4番手

ここから本文です
スポーツ 2019.10.27

F1第18戦メキシコGP FP1:濡れ乾きのコンディションのなかハミルトンがトップタイム。レッドブル・ホンダは3、4番手

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1第18戦メキシコGP金曜フリー走行1回目は、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、アレクサンダー・アルボンは4番手に入っている。

 明け方まで降り続けた雨は止んだものの、メキシコGP初日の空はどんよりと雲が垂れ込めている。FP1開始時の午前10時の時点で、気温16℃、路面温度21℃。日が射さないこともあって、肌寒い陽気だ。ウイリアムズはロバート・クビサに代わって、ニコラス・ラティフィがFP1を走行した。

    【タイム結果】F1第18戦メキシコGPフリー走行1回目

 コース上にはまだ濡れている箇所もあり、キミ・ライコネン(アルファロメオ)やフェルスタッペン、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)など半数以上のドライバーが、インターメディエイトタイヤを履いてチェック走行を行なった。空気が薄く冷却効率が悪いため、多くのマシンがカウルの開口部を目いっぱい大きくしている。

 開始後20分過ぎには、全車がドライタイヤに切り替えた。1セットを返却する開始後40分の時点で、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がミディアムタイヤで1分18秒849のトップタイム。同じコンパウンドのハミルトンが、0.155秒差で追う。フェルスタッペンはさらに0.031秒の僅差で3番手。このコースが初めてのアルボンは9番手、トロロッソ・ホンダのダニール・クビアト、ピエール・ガスリーが10、11番手で続いている。

 10時57分、アルボンがソフトタイヤで、ルクレールに0.9秒差をつける1分17秒949のトップタイムを叩き出した。その直後に、ランス・ストロール(レーシングポイント)がスタジアムセクション出口のターン16アウト側のバリアに衝突、赤旗中断となった。ストロールはマシン左側やリヤウィングにダメージを負いつつも自力でピットに戻り、12分後にセッションは再開された。

 午後のセッションは雨の恐れがあるため、全車が競うようにコースイン。路面コンディションが改善されるにつれて、ペースはどんどん上がって行った。最終的にハミルトンが1分17秒327で、このセッションの首位に付けた。とはいえ去年のFP1でフェルスタッペンが出したトップタイム1分16秒656よりは、まだ0.7秒近く遅い。

 2番手は0.119秒差でルクレール、0.015秒差でフェルスタッペン。アルボン、ボッタス、ベッテルが続いた。中団グループ最速の7番手には、カルロス・サインツ。ガスリー、クビアトが8、9番手に付けた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します