現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ田辺TD直前インタビュー:タイヤに厳しいメキシコのレースペースを懸念「ライバル勢に比べタイヤのデグラデーションが大きい」

ここから本文です
スポーツ 2019.10.25

ホンダ田辺TD直前インタビュー:タイヤに厳しいメキシコのレースペースを懸念「ライバル勢に比べタイヤのデグラデーションが大きい」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 残念な結果に終わった、前戦日本GP。アレクサンダー・アルボンの4位入賞を讃えつつ、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは「マックスが闘う姿を見てほしかった、自分も見たかった」と、感情を吐露した。では今週末のF1第18戦メキシコGPは、どんな戦いができそうか。メキシコは、タイヤにも厳しい。ここ数戦のフェラーリマシンはタイヤのデグラデーションに改善が見られる一方、レッドブル・ホンダは逆に劣化傾向が強くなっている。その点も危惧材料のひとつと、田辺テクニカルディレクターは見ているようだった。

──メキシコは特殊なコースと良く言われますが、ここで戦う上で一番の難しさはどんなところでしょう?
田辺豊治テクニカルディレクター(以下、田辺TD):やはり空気が薄いことですね。パワーユニット(PU/エンジン)に限れば燃焼特性を見直すのはもちろん、冷却も非常に厳しくなる。水温、油温をこまめにチェックする必要があります。

    ルクレール、F1メキシコGP直前インタビュー:日本GPの接触は「完全に自分のミス。(ダブルペナルティに関しても)映像を見て納得した」

──この2年はレッドブル向きのコースと言えたと思いますが、2連勝したフェルスタッペン自身が、「今年は厳しそう。フェラーリが速そうだ」と言っています。
田辺TD:そう聞いていますが、フタを開けてみないとわからない。いいレースができればと思っています。

──実はメキシコGPは、エンジンメーカーではホンダが最も勝利数が多いです。
田辺TD:ターボ時代に、かなりスペシャルな仕様を持ち込んでいたことを、今も鮮明に覚えています。今は状況は違いますが、全力を尽くしたいですね。

──ここはダウンフォースがあるマシンの方が速いと思うんですが、メルセデスは苦戦しそうですか?
田辺TD:メルセデスは、冷却が厳しそうですね。
──鈴鹿は、改めてガッカリでしたか?
田辺TD:そうですね。アルボンが4位まで上がったのは素晴らしかったですが、一方でマックスが闘う姿を、皆さんに見てほしかった。自分も、見たかった。それが結果的に4位だったかもしれませんが、きっと凄い走りをしてくれたはずですから。

──あの接触がなければルクレールも無傷だったわけで、決して簡単なレースにはなっていなかったでしょうね。
田辺TD:ええ。今のフェラーリはタイヤにもかなり優しくなっていますから、簡単に前には行けなかったかもしれません。

──夏休み明け以降、2強に引き離された最大の要因は「アップデートのペース差だ」と、フェルスタッペンは言っていました。同意見ですか?
田辺TD:パッケージとして、彼らは確実に速くなっていますよね。

──対するレッドブルは、去年ほどの進化を果たせていない?
田辺TD:かもしれません。オーストリアの時点では目に見えて速くなりましたが、その後は合うサーキット、合わないサーキットが、顕著に出ています。

──鈴鹿に入れる車体アップデートが、直前に取りやめになりました。
田辺TD:まあ、いろいろありますよ。

──鈴鹿のレースペースで言うと、レッドブル・ホンダのアルボンはコンマ6~7秒後れを取ってる。この差は、かなり大きいのではないですか。
田辺TD:タイヤのデグラ(デグラデーション/劣化)が、このところのレッドブル・ホンダは確かに落ちが大きくなっていますね。メルセデスは依然から、まったく落ちない。レース終盤に逆に上がったりしている。そしてフェラーリはここ数戦、確実に落ちなくなった。フラットになっています。少し辛いですね。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します