現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPオーストラリアFP2:ビニャーレス、初日制圧。ドヴィツィオーゾが2番手で追う

ここから本文です
スポーツ 2019.10.25

MotoGPオーストラリアFP2:ビニャーレス、初日制圧。ドヴィツィオーゾが2番手で追う

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 MotoGP第17戦オーストラリアGPのフリー走行2回目が行われた。トップタイムはヤマハのマーベリック・ビニャーレスだ。

 FP1はウエットコンディションでの走行だったが、その後雨は止み、上空は青空に包まれた。コースも乾いたことでFP2はドライコンディションで始まった。

    ■ドゥカティ、2021年ビニャーレス獲得の可能性アリ!? 上層部が認める

 なおFP1終盤にハイサイドを喫したファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)は、重傷は負っていないものの、FP2出走はキャンセルとなっている。

 各ライダーは序盤から精力的に走行。まずはマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が1分30秒332をマークしてトップに立つと、マーベリック・ビニャーレス、カル・クラッチロー(LCRホンダ)、ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ)らが続いた。

 その後ビニャーレスは1分30秒110までタイムを伸ばし、トップに浮上。さらに走行を続け、1分29秒916とした。

 セッションは15分を消化し中盤に。ピットへ戻っていたライダーたちが再びコースに戻ると、タイムが次々と更新されていった。

 まずペトルッチが1分29秒910をマークしてトップに立つが、直後にマルケスが1分29秒718でそれを上回っていった。また、4~5番手にはスズキのアレックス・リンスとジョアン・ミルがつけた。なおリンスは走行中にフランチェスコ・バニャイヤ(プラマック)と接触しそうになるシーンも見られた。

 セッション残り17分頃、ビニャーレスが1分29秒195と大きくタイムアップし、マルケスを抑えてトップとなった。そして残り時間が10分を切ると、アタックに入るライダーが増え始めた。

 セッションを通して上位に顔を出してこなかったアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)は、ここでようやくタイムを改善し5番手に入った。ただクラッチローやバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)といった面々もタイムを上げてきたことで、7番手にまでポジションを落とした。

 残り5分、ジャック・ミラー(プラマック)が1分29秒609で2番手に浮上。だが直後にペトルッチがそれを上回る1分29秒327を記録した。残り1分となると、ビニャーレスが1分28秒824と更にタイムを縮めた。

 一方、ラストアタックではドヴィツィオーゾが速さを見せ、1分29秒320で2番手に浮上。マルケスもアタックに入ると、チームメイトのホルヘ・ロレンソに接触スレスレになりながらも1分29秒421をマークして6番手につけた。なおマルケスはライン上を遅く走行していたロレンソに対し、怒りのジェスチャーを見せた。

 それ以上のタイム更新はなく、ビニャーレスが唯一1分28秒台を記録し、トップでセッションを終えた。2番手はドヴィツィオーゾ、3番手にはクラッチローが続いた。

 中上貴晶(LCRホンダ)の代役であるヨハン・ザルコは、最終的に15番手タイムでFP2を終えている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します