現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > “無限のグリップ”を持つ現行F1マシンは問題点が分かりづらい? 

ここから本文です
スポーツ 2019.10.23
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1はマシンをより速く壮観なものにするため、2017年に空力とタイヤに関する規則を変更した。それによってダウンフォースが増加、さらにタイヤの幅も広くなったことで、コーナリングスピードが大幅に向上。これまで以上にスムーズにコーナーを曲がれるようになったのだ。

 しかしそれによって、マシンに関する問題の原因を正確に特定できなくなったと主張するのは、ケビン・マグヌッセン(ハース)だ。

    ■標高2000mのメキシコへ……ホンダ田辺TD「専用キャリブレーションが必要」

「今のマシンはグリップがあって、ダウンフォースも大きい。だから常に好きなようにマシンを動かすことができる」とマグヌッセンは語った。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン