現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > Moto3日本FP3:雨のもてぎで小椋藍トップタイム。日本勢4人がQ2進出

ここから本文です
スポーツ 2019.10.19

Moto3日本FP3:雨のもてぎで小椋藍トップタイム。日本勢4人がQ2進出

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 MotoGP第16戦日本GPのMoto3クラスフリー走行3回目が行なわれ、Honda Team Asiaの小椋藍がトップタイムを記録した。2番手にはマーカー・ユルチェンコ(BOE Skull Rider Mugen Race)、3番手にはラウル・フェルナンデス(Gaviota Angel Nieto Team)が続いた。

 Moto3クラスでは、FP3までの総合14番手以内のタイムを記録したライダーがQ2へ直接進出できるが、昨晩から雨が降り続いたために路面はウエットコンディションとなり、このFP3でタイムが更新されることはなかった。

    ■「攻めた走りができない」負傷に苦しむ中上貴晶、レース出場も危ぶまれる状態に

 日本勢で直接Q2進出となるライダーは鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)、鳥羽海渡(Honda Team Asia)、小椋藍、佐々木歩夢(Petronas Sprinta Racing)の4名だ。

 Q1スタートには真崎一輝(BOE Skull Rider Mugen Race)やワイルドカード参戦の山中琉聖(Estrella Galicia 0,0)、長谷川聖(Team Anija Club Y's)らが含まれている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します