現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレンF1代表「我々のマシンにはトップ3に次ぐ力がある」。コンストラクターズ選手権4位獲得に自信

ここから本文です
スポーツ 2019.10.18
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、ここ最近のレースによって、MCL34がグリッド上4番目の強さを持つマシンであることが証明されたと考えている。

 日本GPにおけるカルロス・サインツJr.の活躍のおかげもあり、マクラーレンはコンストラクターズ選手権の“トップ3チームを除くベスト”としての地位を確固たるものにしつつある。現在マクラーレンは5位のルノーに34ポイント差をつけ、中団グループを率いている。

    ノリス「ブレーキダクトにデブリが入り、早めのピットインを強いられた」:マクラーレン F1日本GP日曜

 2019年シーズンも残り4戦となるなか、ゆっくりと、しかし確実にマクラーレンは素晴らしい成果を自分たちの手中に収めようとしている。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン