現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペン、ルクレールの“無責任な走り”に怒り「ホンダのファンの前で表彰台に乗るチャンスを逃した」:F1日本GP

ここから本文です
スポーツ 2019.10.15
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年F1日本GP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはアクシデントによりリタイアした。

 予選5番手を獲得し、5番グリッドからスタートしたフェルスタッペンは、ターン1で2番グリッドスタートのシャルル・ルクレールに追いつき、追い越そうとしたところ、ターン2で接触が起き、コース外にはじき出される形になった。後方まで順位を落とした後、13周目には17番手にポジションを上げていたが、接触によるマシンダメージにより、結局はガレージに戻り14周でリタイアという結果になった。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン