現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダ、中団勢トップをめぐる争いに。ガスリー「予選は接戦になりそうだ」

ここから本文です
スポーツ 2019.9.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1第15戦シンガポールGPの初日、トロロッソ・ホンダはまずまずのスタートを切った。

 2回行われたフリー走行で、ピエール・ガスリーはいずれも10位、ダニール・クビアトはFP1で9位、FP2で11位となった。マクラーレンやルノーと、中団グループ最上位を争う戦闘力を発揮したと言えるだろう。

    ■レッドブル・ホンダのホーナー代表、ヒュルケンベルグ獲得の可能性を否定「我々のリストには載っていない」

「シンガポールでの初日は、僕らにとってポジティブな1日となった」

 ガスリーはチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「いくつかのテストを行ったが、改善していくために今夜すべきことがいくつかある。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン