現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ピレリ、2021年用18インチタイヤの初テストを完了。ルノー/シロトキンが2日で213周を走破

ここから本文です
スポーツ 2019.9.15
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2021年シーズンからF1に投入される予定の18インチホイール用タイヤの初テストが、フランスのポール・リカール・サーキットで行われた。このテストには、改造を施したルノーの2018年用マシンR.S.18が使われ、元ウイリアムズのドライバーであるセルゲイ・シロトキンがドライブを担当した。テストは2日間にわたって行われ、213周を走破した。

 この18インチタイヤのテストは、今年中にさらに2回行われることが予定されていて、マクラーレンが10月に、メルセデスが12月に、いずれもポール・リカールを2日間に渡って走ることになっている。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン