現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRC:第11戦トルコのシェイクダウンはトヨタのミークがトップ。「まるで地獄のような路面」

ここから本文です
スポーツ 2019.9.12
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年のWRC世界ラリー選手権第11戦トルコは9月12日、大会前最後の走行チャンスとなるシェイクダウンが行われ、クリス・ミーク(トヨタ・ヤリスWRC)がトップタイムをマークした。2~3番手にはヒュンダイi20クーペWRCを操るふたりが続いている。

 大きな石が転がるステージが多く、気温も高いことから、シリーズでもっともタフな1戦とも呼ばれるラリー・トルコ。そのシェイクダウンは全長4.7kmのステージを舞台に気温30度というコンディションのなか行われた。

    WRC:トヨタ、もっとも過酷なトルコ戦連覇なるか。マキネン「何よりもクレバーさが求められる」

 前戦のラリー・ドイチェランドでトヨタ移籍後初表彰台を獲得したミークは、ラリー・トルコでも好調を維持。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン